【社員向け】 トレジャーアイランドで筋トレしてみた(ジム) #reinvent

2019.12.05

こんにちは。カトアキです。

意識高い系デブなので、出張先が海外だろうと筋トレをしています。

ところが自重トレーニングの限界を感じたため、ホテルについているジムに行ってみることにしました。

現地時間の昼ころに行ってみました。

前提

一人なので自撮りができなかったのと、英語がダメダメで写真とっていいのかどうか確認もできなかったためほぼテキストにてお送り致します。

やってみたこと

フロントでの確認

まず、フロントに直行して質問してみたところ次の回答でした。

  • 料金はリゾートフィーに含まれているので、あなたは追加料金いりませんよ(部屋番号聞かれました)
  • 追加の手続きは要りませんよ。このカードに名前を書いてください

ただ、以下についてはすみませんが不明です。英語が聞き取れず、パードン的な発言でおかわりもしましたが結局分からず、結局ソーリー、で終了したためです。

  • カードはどこにだせばよいのか
  • リゾートフィーを支払っていない場合、どこでいくら払えばいいのか

結論としては、何の入室前チェックもないし受付もないので、そのままいけばノーチェックで入れました。カードいらないじゃん。一応持っていったほうがいいのでしょうか。(たまたまその時間帯に担当者が不在だった可能性は0ではありません。) ちなみに、後で分かったのですが、カードはフロントにいかずとも実は部屋の中にありました。

会場への移動

ジムは3Fにあります。

エレベータを出てすぐのところに「OLEKSANDRA」というスパの看板が見えてきます。

その中に受付のお姉さんがおり、丁寧に挨拶してくださるので、軽く挨拶して右に向かいます。 突き当りに大きな絵が飾られていて、そこをから右の方にジムがあります。入り口の「FITNESS CENTER」という表記が目印です

特に受付もなにもないので入ってすぐに開始できました。

準備

私は次のようなものを持っていきました

  • リュック(普通にre:invent会場にいった流れ)
  • サブのダッフルバッグ(筋トレ用グローブ、タオル)

それをそのまま中に持って行きました。

なかにロッカーなどがなかったので、不要な荷物は置いていって、筋トレをする格好で最低限の手荷物でいくことをオススメします。

初めに入り口付近にミニタオルが山になっているのでおもむろに取得しました。 次に、とりあえず落ち着ける場所を確保するため、右奥のストレッチマットが雑に追いてあるスベースへ移動し、マットに座って荷物を置き、着替えを済ませました。(上着だけ着替えました)

器具の確認

一旦、どのような器具が揃っているのか確認しました。私の方で把握できたのは下記の設備です

  • ランニングマシン(結構たくさん)
  • ダンベル(軽いものから重いものまで、30-40段階以上は揃っています)
  • ベンチ
    • 傾斜がつけられるタイプのもの x 1
  • スミスマシン(軌道が固定されているフリーウェイト器具) x 1
    • イメージ的には次のような、軌道が固定されているバーベルラックです。 セーフティもついているので、一人でやるときでも安心です。
  • ショルダープレスマシン
  • フライマシン
  • …等

全身一通り鍛えられる設備があり、重さも十分ありました。 ただし、数がそんなにないので、鍛えたい位置がかぶってしまったときには譲り合うことになるでしょう。先に予備プランも立てておいたほうがいいと思います。

特にフリーウェイトのバーベルが一台しかないので、そこは注意です。 空いている時間に行くのが良いと思います。

トレーニング開始

スミスマシンとダンベルとフライマシンとを試しました。 重さがポンド表記なので、変換サイトなどを利用して計算しました。 十分な重さが揃っているので、特に不足はなくトレーニングできました。 また、器具はピカピカではないですが、特に気になるような汚れとかはありませんでした。

空いている時間帯だったせいか、人は2-3人で、みな静かにもくもくとやっている感じでした。

トレーニング終了

終わったら入り口付近においてあるタオル回収箱にミニタオルを投入して出ます。

例によって受付もなにもないので、そのまま出ます。(たまたまその時間帯に担当者が不在だった可能性は0ではありません。)

途中でスパの受付のお姉さんがあいさつをくれるので返しましょう。

これで終了になります。

おわりに

マイペースで十分なトレーニングができ、とてもいい時間になりました。

気になる方はぜひ行ってみてはいかがでしょうか。