[Trello] 前日の日付のタイトルのカードのチェックリストをコピーしたカードを自動作成する(Butler変数のプレフィクス)

2022.01.21

こんにちは、CX事業本部 IoT事業部の若槻です。

タスク管理ツールTrelloで、「前日の日付のタイトルのカードのチェックリスト」をコピーしたカードを自動作成する設定をしたかったので作成してみました。

今回やりたいこと

前回のエントリで、現在日時を記載したカードを日次で自動作成する設定をしました。

そしてこのカードにチェックリストを作成して日次のタスク管理をしたいのですが、このチェックリスト作成を手動でやる場合は前日のカードからチェックリストをコピーするということを今まではしていました。しかしせっかく作成まで自動化したのでこのチェックリストコピー作業も自動化してしまいたいですね。

そしてこの操作の自動化をやるには、テンプレートのチェックリストを用意して毎回それをコピー元にすれば良さそうなのですが、問題点としてチェックリストの内容は作成したカード内で頻繁に変更するので、テンプレートを修正し忘れると最新のチェックリストが反映されないというのがあります。よって自動化する場合も手動の時と同じく前日のカードからチェックリストをコピー元にするのがベストです。

やりたいことを実際のカードを例にして整理してみます。

前提として、チェックリストのコピー元のカードとして、以下のような前日の日付のタイトルのカードがボード内に既に作成されています。(関係ないですが、実際に使用しているチェックリストは30項目くらいあります。)

そして日次のスケジュールで以下のような本日日付のカードを自動作成し、さらに前日日付のカードのチェックリストを自動コピーするようにしたいです。

今回もこの自動化設定をTrelloの自動化機能Butlerを使用してやってみます。

やってみた

コマンドの作成

まずButlerでコマンドを作成します。

自動作成の設定をしたいボードで、[Automation]-[Rules]をクリック。

Butlerの画面が開くので、[Calendar]で[Create Command]をクリック。

まずトリガーを追加します。

[Add Trigger]をクリック。

今回は日次のスケジュールとしたいので[every day]の時計マークをクリック。

実行したい日時を指定します。右側の[+]をクリックしてトリガーを追加します。

トリガーを追加できました。

次にアクションを追加します。

今回はカードのタイトルをyyyy-MM-dd形式の本日日付としたいので、次のようにButler変数の日付変数を指定します。

{isodate}

カードの作成先のリストと位置を指定します。そしてcheckアイコンをクリックします。

ここで作成されるカードに追加されるチェックリストを指定できます。

コピー元のチェックリストの名前を指定します。bullseyeアイコンをクリックします。

チェックリストのコピー元のカードタイトルを指定します。今回は「前日の日付のタイトルのカードのチェックリスト」をコピーしたいので、次のようにButler変数を指定します。最後に[+]をクリックしてアクションを追加します。

{yesterdayisodate}

yesterdayisodateという変数ですが、これはButler変数の日付変数の一部では、変数の前にyesterdaytomorrowというプレフィクスを付けることにより、前日や翌日の日付を取得できるという仕様を利用しています。

You can prepend tomorrow, yesterday, nextworkingday_, and previousworkingday_ to the following variables. For example, {previousworkingday_monthdaynumber}, {tomorrowmonthdaynumber}, {yesterdayisodate}.

アクションが追加できました。[Save]をクリックします。

コマンドを作成できました。

動作

スケジュールで設定した時間になると、本日日付のタイトルのカードが自動作成されました!

カードを開くと、ちゃんと前日日付のカードのチェックリストがコピーされています!

困ったこと

タイトルの日付はyyyy/MM/ddという形式にして運用しようとしていたのですが、この形式で前日のカードを指定することが出来ませんでした。

例えばButler変数で日付変数のプレフィクスを使って次のように指定すると、使えない形式のようでエラーとなってしまいます。

{yesterdayyear}/{yesterdaymonthnumberlong}/{yesterdaymonthdaynumberlong}

image

一方で{isodate}yyyy-MM-ddの形式だとプレフィクスで前日の日付を指定できたので、こちらの形式で運用することとしました。

おわりに

タスク管理ツールTrelloで、「前日の日付のタイトルのカードのチェックリスト」をコピーしたカードを自動作成する設定をしたかったので作成してみました。

始めはButlerだけだと無理だと思っていましたが、今回のような少しだけ複雑な処理まで出来るのには感心しました。これは活用しない手は無いですね。

以上