Compute Optimizer で EBSの帯域に余裕があるにもかかわらず「Under-provisioned」が表示されます。なぜでしょうか。

2021.11.11

困っていた内容

EBS をアタッチした EC2 インスタンスの Compute Optimizer で「EBS スループットがプロビジョニングされていない」と表示されます。VolumeReadBytes/VolumeWriteBytesメトリクスを確認しましたが、スループットはほどんど使用しておらず余裕があります。過剰の誤りでしょうか?

どう対応すればいいの?

EBS 最適化をサポートした EC2 インスタンスへの切り替えをご検討ください。

Amazon EBS 最適化インスタンスを使用する - Amazon Elastic Compute Cloud

EBS 最適化がサポートされていない EC2 インスタンスは、EBS へのアクセスに EC2 インスタンスのネットワークを使用するため、EC2 インスタンスのネットワーク帯域に依存して EBS のパフォーマンスが発揮できない場合があります。そのため、EBS 側の帯域に余裕がある状態でも、EC2 インスタンスのネットワーク帯域が原因で性能が伸びない場合、「Under-provisioned」が表示されます。

EBS 最適化インスタンスについて

EBS 最適化インスタンスとは EC2 インスタンスのネットワーク帯域に、EBS への専用帯域が設けられたインスタンスタイプで、EC2 インスタンスからのその他トラフィックとの間の競合を最小に抑え、EBS ボリュームの最高パフォーマンスを実現します。

20190320 AWS Black Belt Online Seminar Amazon EBSより引用

なお、単純によりネットワーク帯域が大きい EC2 インスタンスへの切り替えも有効ですが、ネットワーク帯域が大きいインスタンスタイプは、EBS 最適化ありの場合が多くなります。

参考資料