DataSync の転送速度を算出すると物理的な帯域速度より大きくなりました。なぜでしょうか?

2021.09.30

困っていた内容

DataSync によるオンプレミスデータのバックアップを検討しています。性能テストを実施したのですが、転送量と転送時間から転送速度を算出すると、契約しているインターネット回線の帯域速度(100Mbps)より大きな値となりました。
自動的に圧縮して転送しているとかであれば良いのですが、そのようなことはあるのでしょうか。

どう対応すればいいの?

圧縮を含むネットワーク最適化が実施されます。

DataSync ではインクリメンタル転送、インライン圧縮、スパースファイル検出を備えた専用ネットワークプロトコルによるネットワーク最適化が実施されます。そのため、単純に転送量と転送時間から転送速度を算出すると、物理的な帯域速度より大きくなる場合がございます。

なお、ゼロパディングされたデータをテストに使用すると、実際のデータとはネットワーク最適化の効果に大きな差が発生する場合がありますので、ご注意ください。

また、インターネット回線の帯域幅占有を懸念される場合は、タスク設定により DataSync が使用するネットワーク帯域幅を制限できますので、ご検討ください。

参考資料

特徴 - AWS DataSync | AWS

専用ネットワークプロトコル

このサービスは、ストレージプロトコルと疎結合化された AWS 設計の転送プロトコルを使用して、データの移動を加速しています。このプロトコルは、どのようにして、いつ、どのようなデータをネットワークを介して送信するかを最適化します。DataSync によって実行されるネットワーク最適化には、インクリメンタル転送、インライン圧縮、スパースファイル検出、ならびにインラインデータ検証や暗号化などがあります。