EB CLI で eb init を実行した際に「Cannot setup CodeCommit because there is no Source Control setup, continuing with initialization」エラーが表示されてスタックする場合の対処方法

eb init コマンドを実行する際に interactive オプションを指定すると、「Cannot setup CodeCommit because there is no Source Control setup, continuing with initialization」エラーでのスタックを回避できます。
2022.02.02

困っていた内容

EB CLI で eb init コマンドを実行すると以下のエラーが出てスタックしてしまいます。

$ eb init
Cannot setup CodeCommit because there is no Source Control setup, continuing with initialization

また、EB CLI は最新のバージョンになっていることを確認しています。

$ eb --version
EB CLI 3.20.2 (Python 3.10.)

対応方法を教えてください。

どう対応すればいいの?

eb init コマンドを実行する際に interactive オプションを指定してください。

$ eb init --interactive

なぜこのような挙動になるの?

EB CLI で eb init コマンドを実行済みの場合、作業ディレクトリ配下に config ファイル (.elasticbeanstalk/config.yml)が生成されています。

再度eb initコマンドを実行する際に該当ファイルが存在するか、または再度eb initコマンドによるセットアップを行っている途中で削除した該当ファイルが再生成されてしまうとこのエラーが発生することがあるようです。

それを避けるためには、interactive オプションを付けてコマンドを実行し、すべてのセットアップを強制させる必要があります。

-i, --interactive

すべての eb init コマンドオプションの値を指定するように求める指示が、EB CLI で必ず表示されます。

参照