Security Hub を無効化したのに料金が発生している場合の対処方法

2022.08.05

困っている内容

Security Hub を無効化したにもかかわらず、料金が発生しております。
Security Hubの料金を完全に0円にしたいのですが、どうすればよいでしょうか?

どう対応すればいいの?

ご利用料金の明細から Security Hub の料金が発生しているリージョンを特定して、そのリージョンの Security Hub を無効化してください。

Security Hub はリージョンごとに有効化して料金が発生するサービスです。 [1]

セキュリティチェックの料金
各リージョンのアカウントあたりのチェック数に基づいてお支払いいただきます。
検出結果の取り込みイベント
アカウントごと、リージョンごとに、月ごとに Security Hub に送信される検出結果の数に応じて課金されます。

Security Hub の料金が発生しているということは、ご利用環境でまだ Security Hub が有効となっているリージョンが存在しています。
そのため、料金が発生しているリージョンの Security Hub を無効化することで、料金は発生しなくなります。

料金が発生しているリージョンは、AWS 請求コンソールの[請求]ページ [2] や Cost Explorer [3] 等で確認できます。

参考資料

[1] 料金 - AWS Security Hub | AWS
[2] 月額料金を表示する - AWS 請求
[3] 表示するデータのフィルタリング - AWS コスト管理