既存の ALB リスナールール を YAML ファイルに出力する方法を教えてください

2022.10.24

困っていた内容

既存の環境に ALB が5つあり、それぞれターゲットグループを EC2、ECS、S3 に割り当てて運用しています。

各 ALB のリスナールールで、不要なリスナールール や 本来は別の ALB で管理すべきルールが含まれているため、 リスナールールの設定を見直したいと考えています。

リスナールールの数が多く、50個以上あるため、マネジメントコンソールの画面で、簡単に変更することができません。

そこで、CloudFormation の YAML ファイルに記載して、設定を編集できないかと考えています。

CloudFormation を利用する前提で、既存の ALB の設定から YAML ファイルに出力できるような手法またはツールなどはありませんでしょうか?

どう対応すればいいの?

Former2 [1] を使用することで 既存の AWS リソースの設定状況を AWS CloudFormation テンプレート(YAML ファイル)にエクスポートすることができます。

Former2 のインストール方法、及び使用方法については、[2] をご覧ください。

また、[3] に紹介されている手順で、Former2 を Cloud9 にホストすることができますので、よろしければお試しいただけますでしょうか。

参考資料

[1] Former2

[2] Former2をローカルにホストして、既存リソースのCloudFormationテンプレートを出力してみた | DevelopersIO

[3] Former2 を Cloud9にホストする – プー太's Blog