「保存中のエラー: Cannot modify a default parameter group.」が表示され、RDSインスタンスのパラメータグループの値を変更できない時の対処

テクニカルサポートノート。サービス名:Amazon RDS 「保存中のエラー: Cannot modify a default parameter group.」 エラーが出た時の対処法です。
2020.12.21

困っていた内容

RDS インスタンスのパラメータグループの値を変更する操作を行ったのですが、下記のエラーが表示されパラメータの変更ができません。

保存中のエラー: Cannot modify a default parameter group. (Service: AmazonRDS; Status Code: 400; Error Code: InvalidParameterValue; Request ID: xxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx; Proxy: null)


エラーを解消して、パラメータグループの値を変更するにはどうすればよいですか?

どう対応すればいいの?

このエラーは、DBエンジンのデフォルトのパラメータグループの値を変更しようとした際に発生します。
RDS のデフォルトの DB パラメータグループの値は変更できません。

ユーザー定義の DB パラメータグループのパラメータ値は変更できますが、デフォルトの DB パラメータグループのパラメータ値を変更することはできません。

引用 : DB パラメータグループを使用する - Amazon Relational Database Service
既にDBインスタンスで使用しているデフォルトの DB パラメータグループの値を変更したい場合は、 DBで利用しているデフォルトのパラメータグループを、ユーザ定義のパラメータグループへ変更する必要があります。

DB インスタンスのパラメータグループの変更方法

マネジメントコンソールから変更する場合
対象のDBインスタンスを選択し、「変更」をクリックします。

[追加設定]の項目の、[データベースの選択肢]-[DBパラメータグループ]のプルダウンメニューから、パラメータグループを選択します。

確認画面で、変更後のパラメータグループが選択されていることを確認します。
[変更のスケジューリング]の項目では、変更を適用するタイミングを指定可能です。
パラメータグループの変更には DB インスタンスの再起動が必要であるため、[すぐに適用]を選択すると設定変更直後に再起動が実施されますのでご注意ください。(注意事項を参照)

注意事項

変更後の新しいパラメータグループの値を適用するには、DB インスタンスをフェールオーバー再起動する必要があります。

この変更時に機能停止は発生しません。ただし、新しい DB パラメータグループが DB インスタンスによって使用される前に、DB インスタンスを手動で再起動する必要があります。

引用 : Amazon RDS DB インスタンスを変更する - Amazon Relational Database Service

参考情報

Amazon RDS DB インスタンスを変更する - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS DB パラメータグループの値を変更する

テクニカルサポートノートとは?

クラスメソッドのカルチャー(CLP) の「情報発信を通じて、全ての人々の創造活動に貢献し続ける」という考えから、クラスメソッド メンバーズをご利用のお客様よりいただいたお問い合わせより、他の AWS ユーザーにとっても 有益な情報を一般的な TIPS としてご紹介しています。