RDS エンジンのバージョンアップグレード後に表示されたアップデートについて教えてください

2022.08.09

困っていた内容

RDS PostgresSQL のエンジンバージョンを 10.9 から 10.17 にアップグレードした後に、New Operating System update is available が「保留中のメンテナンス」に表示されました。このアップデートついて教えてください。

どう対応すればいいの?

公式ドキュメントの対応表をご確認ください。 RDS エンジンをアップグレードされたことに伴い、新しい RDS エンジンに対応する OS アップデートが表示されました。

下記に対応表の一部を抜粋します。
PostgresSQL バージョン 10.9 (10.15以前) と 10.17 の行を比較すると、値がいいえからはいになっており、OS アップデートの対象になったことが分かります。

RDS for PostgreSQL バージョン db.t2 db.r4 db.m4 db.t3 db.r5 db.m5
10.17 以降の 10 バージョン はい はい はい はい はい はい
10.16 いいえ いいえ いいえ はい はい はい
10.15 以前の 10 バージョン いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ

PostgreSQL 用 RDS の OS 必須アップデート - Amazon Relational Database Service

この OS アップデートが必要な DB インスタンスには、DB インスタンスクラスごとに、以下の表で「Yes」と表示されているバージョンを実行していなければなりません。

補足

New Operating System update is available の適用は DB インスタンスの機能に影響ありませんが、適用する際にはインスタンスの停止が発生します。 OS アップデートを適用される際は予めご了承ください。

DB インスタンスのメンテナンス - Amazon Relational Database Service

Amazon RDS は、データベースパフォーマンスと顧客の全体的なセキュリティ体制改善のために、OS を新しいバージョンにアップグレードします。通常、アップデートには約 10 分かかります。アップデートは DB インスタンスの機能には影響しません。

参考資料