クラスメソッド バンクーバーだより: 里親募集型ネコカフェ Catfe – 2016.06.02

2016.06.02

こんにちは、虎塚です。

仕事に追われるITエンジニアの皆さんの中には、家族として一緒に暮らす動物との触れ合いに癒されたり、写真や動画で動物をながめて心をなごませたりしている方がいらっしゃるかもしれません。

バンクーバーで働いていても、それは可能です! 今回は、ダウンタウンにある里親募集型ネコカフェCatfeをご紹介します。

Catfeとは

Catfeは、バンクーバーに初めて登場したネコカフェです。2015年12月に開店しました。

Catfeは、里親募集型のネコカフェです。Catfeにいるネコたちは、BC SPCA (THE BRITISH COLUMBIA SOCIETY FOR THE PREVENTION OF CRUELTY TO ANIMALS) から連れてこられました1。客は、Catfeを訪問したり、Catfeのブログを見て、気に入ったネコがいたら里親として引き取ることができます。

このモデルは大成功していて、開店早々の2016年1月にはお店にネコが足りなくなり、一時休店したほどだそうです2

Catfeは毎週木曜が定休日です。木曜日は、お店がBC SPCAから新しいネコを迎える日です。

Catfeへの行き方

事前予約

Catfeではネコたちの居心地の良さを守るために、1時間に入店できる客の数がきまっています。確実にネコと会いたい時は、CatfeのWebサイトから日付と時間を予約しましょう。滞在できるのは1時間です。

また、予約なしの枠もあり、先着順で入店を受け付けているそうです。お店の近くに用事がある時にふらっと寄ってみるのもよいですね。

今回は、夜型のネコが起きていることを期待しつつ、仕事帰りにも行ける20時からの枠を選びました。

場所

Catfeは、ダウンタウンにあるInternational Village Mall の2階にあります。West Pender StreetとAbbott Streetが交わる場所にあるショッピングセンターです。

International Village Mall

ショッピングセンターの中には、映画館、ゲームセンター、ゲームショップ、フードコートなどがありますが、19時をすぎるともう静かです。周辺も人通りが少ないので、あまり暗くならないうちに引き上げたほうがよいかもしれません。

上の写真は、お店を出た21時頃に撮影しました。この時期のバンクーバーは日が長いので、まだ夕方のような明るさです。

Catfe訪問記

Catfe

お店には予約した時間の10分前までに着くようにします。予約時刻を10分すぎると、予約はなかったことになります。

カフェの注文

step 1 and 2

まずは、左側のカフェエリアに入りましょう。カフェで注文する場合は、飲食代と5カナダドルの入場料を支払います。何も注文しない場合は、8カナダドルを支払います。レジでレシートと一緒にチケットを受け取ります。

CAT-PUCCINO

今回は、カプチーノを注文しました。Cappuccinoでなく、CAT-PUCCINOです!

次に、右側のキャットラウンジに入り、カウンターでチケットを提示します。利用規約にサインしたら、いよいよネコと時間を過ごすことができます。キャットラウンジへの出入りの際には、手を洗いましょう。

キャットラウンジ

cat lounge in Catfe寝ているネコ

店内は天井が高く、とても広いです。登るための棚、たくさんのネコ用おもちゃ、ネコだけが入れるバックスペースの設置など、ネコが快適に過ごせるように配慮して設計されています。

客は、起きているネコをおもちゃで構ったり、寝ているネコを眺めたりしています。寝ているネコを起こすことや、フラッシュをたいて写真を撮ることは禁止されています。

ネコたちは思い思いに過ごしています。それでは、しばしネコ写真をお楽しみください。

椅子の下で寝そべるネコ

おすわりするネコ

正面顏を見せてくれたネコ

ネコグッズ

ハンドソープディスペンサー、マグカップTシャツ ネコの飼育用品ネコのゲーム(?)

カウンター前の棚では、たくさんのネコグッズが販売されていました。マグカップ、Tシャツ、スカーフ、ポストカード、アクセサリーなどのほか、ネコの飼育用品からネコのゲームまであります。

a pin and a T-shirt

注目のグッズは、Please Adopt! Cat Pinというピンバッジ (14.95カナダドル) です。このピンバッジの売り上げの20%が、カナダの動物保護施設に寄付されます。お土産に、このピンバッジとTシャツ (20カナダドル) を買いました。

里親にもらわれていったネコたち

Catfeのモデルは素晴らしいですね、とお店の方に声をかけたところ、「ネコたちを助けることにもなりますからね」とおっしゃっていました。

里親にもらわれていったネコたちの写真

カウンター奥の壁に、ネコたちの写真がたくさん飾られていました。これらのネコは皆、Catfeから里親の元へもらわれていったのだそうです。開店から半年で、すでに100匹ものネコが新しい家族に引きとられました。

おそらくいろいろな事情があって保護施設に預けられただろうネコたちが、Catfeでくつろいでいるのを見ると、本当によかったという気持ちになります。今お店にいるネコたちも、優しい家庭に引きとってもらえるといいですね。

おわりに

持続可能なビジネスモデルを持ちながら、社会貢献も実現している里親募集型のネコカフェは、とても素敵だと思いました。かわいいネコたちと触れあいたくなったら、また訪問したいと思います。

クラスメソッドでは、日本、バンクーバー、ベルリンで一緒に働く仲間を募集しています。

それでは、また。