WinSCPでAmazon LinuxにSFTP接続してみた

2016.11.09

はじめに

WinSCPはWindowsで動作するオープンソースのFTP/FTPS/SFTPクライアントです。
Windowsで気軽に利用出来ることから、資材転送などに利用されている方が多いのではないでしょうか。
今回はWinSCPを使ってAmazon LinuxにSFTP接続を行う手順をご紹介します。

WinSCPのインストール

ダウンロードページにアクセスし、[Installation package]を選択します。
EXEファイルがダウンロードされるのでウィザードに沿ってインストールします。
インストールオプションは全てデフォルトとし、検証時の最新のバージョン5.9.2を利用しました。

接続の許可

SFTP(SSH File Transfer Protocol)で接続出来るようにします。
セキュリティグループでSSHの許可を最低限の送信元に与えます。
具体的には開発会社やAWS管理者などメンテナンス拠点のIPアドレスを指定します。

タイプ プロトコル ポート範囲 送信元
SSH TCP 22 メンテナンス拠点のIPアドレス/32

WinSCPでの接続

WinSCPを起動し、ホスト名:パブリックIPとユーザー名:ec2-userを指定します。

1

[設定]を選択します。

2

左メニュー > 認証を選択し、秘密鍵を選択します。
秘密鍵はEC2作成時に指定したものです。

3

拡張子が「.pem」のファイルを選択し、[開く]を押下します。

4

「秘密鍵 OpenSSHをPuTTY形式に変換しますか?」とのメッセージが表示されます。
[OK]を選択し変換します。

5

PuTTY形式の秘密鍵を保存するフォルダを指定し、保存します。

6

PuTTY形式の秘密鍵が指定されているはずです。
[OK]を選択 > [ログイン]を選択すると接続できます。

7

以下のように表示されれば、接続完了です。
左ウィンドウがローカル、右ウィンドウがAmazon Linuxです。

8

右ウィンドウにファイルをドラッグアンドドロップすると、Amazon Linuxの「/home/ec2-user」に転送されます。

9

SSH接続し、「/home/ec2-user」をlsすると転送したファイルを確認出来ます。

10

終わりに

WinSCPを使ってAmazonLinuxにSFTP接続する手順を紹介しました。
AmazonLinuxへの資材転送などに利用出来るかと思います。

参考