Tableau Partner Summit 2014 at シンガポールに参加してきます

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

tableau-summit-100x100

当エントリは小ネタ...いやネタの小ささと言うよりも対象読者が極端に少ないような気がしてます(社内では2人、プラスあるとすれば同じイベントに参加する日本人の方々?)が、その辺あんま気にせず投下してみますw 参加前の予習ページ・個人的な『旅のしおり』として作成したつもりですのでその体(てい)でお読み頂ければと思います。(予習エントリ的な意味合いも含むのでその辺りについても適宜更新して行く予定です)

目次

 

Tableau Partner Summit 2014とは

tablaeu-partner-summit-2014

『Tableau Partner Summit』は、名前にパートナーと入っているように、パートナー企業に向けた年次のリージョナルな会議としてのイベントのようです。Tableau製品のロードマップ/次世代の製品やプログラムに関するプレビュー/トレーニング/パートナーにセッションを当てた教育や訓練のハンズオン、エキスパート向けのセッション、及びハイレベルなネットワーキング...等など、Tableau製品やサービスを展開する事を成功させるキーとなるものが諸々提供される模様。

Tableau Partner Summitという名前を冠したイベントは以下3つが予定されているようです。その中で、2014/02/18〜2014/02/20に開催されるシンガポールでのイベントに弊社ボスと一緒に参加する事になりました。 *1

tablaeu-partner-summit

 

開催場所

開催場所はシンガポールの『パンパシフィック・シンガポール(Pan Pacific Marina Bay)』。大まかな位置はこの辺ですね。正直どの辺なのかは良く分かりません。地図の上の方を見ると『ジョホールバル』の文字が。シンガポールと隣接するマレーシアにあるんですね。シンガポールから直接行けたりするのかしら。

tablaeu-partner-summit-place

更に拡大するとこちら。数年前にSMAPも歩いたあの"マリーナベイサンズ"が近くにあるんですね。(近くと言うか、目に見える距離なのかな)

tablaeu-partner-summit-place2

 

アジェンダ

タイムテーブルはこんな風。General SessionとBreakout Sessionsを織り交ぜた構成となっているようです。初日と2日目にはレセプションも!(*°∀°)

tablaeu-partner-summit-agenda

 

セッション内容

tablaeu-partner-summit-sessions

セッションは以下の内容が用意されています。全員でGeneralセッションを聞いて、後はMarket or Technicalなセッションをそれぞれ聞きたい方へ行く感じなのでしょうか。上記タイムテーブルとの組み合わせがイマイチ掴みきれておりませぬ。General Sessionがタイムテーブルにそれぞれ対応していて、Breakout Sessionが下記Go-to-Market/Technical Sessionに割り当たる...という理解で良いのかしら?

  • 3つの一般的な(General)セッション
  • Go-To Market戦略セッション
  • テクニカルな部分を掘り下げて行くセッション

 

タイムテーブル

...という訳で、上記情報を再構築してタイムテーブルを作ってみました。やはりGeneral Sessionを見てTechnicalなのとGo-to-Marketのやつは興味ある方に参加...というスタイルのようです。タイトルはざっくり訳なので間違ってたらご指摘歓迎デス。

2014/02/18(火)

Time Theme Speakers
15:00 - 18:00 Registration(登録・受付) --------
17:00 - 19:00 Welcome Reception(ウェルカムレセプション) --------

2014/02/19(水)

Time Room Theme Speakers
7:00 - 17:00 -------- Registration(登録・受付) --------
8:00 - 9:00 -------- Breakfast(朝食) --------
9:00 - 10:00 Pacific 3 <General Session>
Why Partner with Tableau?
[なぜTableauのパートナーなのか?]
(9:00 - 9:30)
Lynn Smith
10:15 - 11:15 Ocean 2/3 <Technical Session>
BYOD (Bring Your Own Data)
[BYOD(独自のデータを持参]
Alex Lee
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Where's the On-Ramp?
Scott DeMers
11:30 - 12:30 Ocean 2/3 <Technical Session>
Five Most Common Mistakes Made with Tableau
[Tablaeuでの良くある5つの間違い]
Vaishali Vijay
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
If I Had $1 Left to Spend on Marketing
[もし1ドルをマーケティングに費やす事が出来るとしたら]
David Martin
12:30 - 13:30 -------- Lunch(昼食) --------
13:30 - 14:30 Ocean 2/3 <Technical Session>
Cycle of Visual Analysis
[ビジュアル分析のサイクル]
Kelly Hotta
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Selling with the Value (ROI) Whiteboard
Kyle Parker
14:45 - 15:45 Ocean 2/3 <Technical Session>
Working with Cubes
[キューブでの作業]
Sein Chyi Woo
16:15 - 17:15 Ocean 2/3 <Technical Session>
Identifying and Building a Tableau Jedi
[Tableauジェダイを見付け、育てる]
Scott DeMers
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Channel Management Deep-Dive
[チャネル管理を掘り下げる]
Todd Currie
17:30 - 20:00 -------- Partner Reception(パートナーレセプション) --------

2014/02/20(木)

Time Room Theme Speakers
8:00 - 9:00 -------- Breakfast(朝食) --------
9:00 - 10:00 Pacific 3 <General Session>
What’s Next? Tableau Technology Roadmap
[次は何が来る? - Tableauテクノロジーロードマップ]
Robert Green
10:15 - 11:15 Ocean 2/3 <Technical Session>
Architecting for the Enterprise with 8.2
[Enterprise 8.2のアーキテクティング]
Alan Eldridge
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Sales Best Practices
[セールスのベストプラクティス]
Todd Currie
11:30 - 12:30 Ocean 2/3 <Technical Session>
Integrating Tableau with Custom Applications
[カスタムアプリケーションとのタブローの統合]
Yu Hua Lim
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Building Services, Practices, and Competencies to Drive Solution Sales
[ソリューションセールスを駆動させるためのサービス、プラクティス、コンピテンシーの構築]
Molly (Monsey) Larsen
13:30 - 14:30 Ocean 2/3 <Technical Session>
Driving the Technical Close with Tableau by Your Side
Scott DeMers
Ocean 4/5 <Go-to-Market Session>
Tableau Sales Management Panel
[Tableauセールスマネジメントパネル]
To be determined
14:45 - 15:45 Pacific 3 <General Session>
The Competitive Landscape
[競争の景色]
Alan Eldridge

 

シンガポール関連情報

時差

日本とシンガポールの時差は僅か1時間。日本の方が1時間早いようです。時差で苦しめられるという事は無さそうですね。(行きの飛行機で眠れると良いけど...)

気温

シンガポールは赤道直下の常夏の国です。熱帯モンスーン気候に属しており、年中高温多湿です。雨季(おおよそ10月〜3月)と乾季(おおよそ4月〜9月)に分かれています。ただ、雨季でも雨が降らない日もありますし、乾季でも雷雨に見舞われる日もあります。

つい先日ウン十年に1度の大雪に見舞われた日本(関東地方) *2。気温もそれなりに低かったところから一気に30度オーバーの熱帯地へ行く事になる訳ですが、この温度差は少々心配なところ。

言語

シンガポールではマレー語、中国語、タミル語、英語の4つを公用語としています。日常会話としては、英語と現地のマレー語、標準中国語、福建語が混ざったシングリッシュと呼ばれる言葉がよく使われます。国語にはマレー語が使われています。

イベントは基本英語で通す事になりそうですが、イベント終わりで周辺散策等する場合は軽くマレー語で挨拶程度のフレーズを使えるようになっとくと良さそうですね。

ちなみに私、英会話は殆ど出来ませんw 現地で当って砕けろ精神で砕け散りそうな気がします。会話本片手に片言でやり取りするという観光客丸出しスタイルにならざるを得ないような気がしてます。

また、言語とはあんま関係無さそうですが、図や文字でやり取り出来ると何かと便利そうなんじゃないか、使えるんじゃないか?と言う事で、NUBoard *3も念の為持参して行こうと思います。

電源

Aタイプの日本に対し、シンガポールではBF/B3タイプとなるので何らか変換機構を用意して臨む必要がありそうです。PCやスマホ、デジカメフル稼働になりそうな今回はこの電源(とインターネット回線)は生命線です。万全の体制で臨みたいところ。

インターネット環境

今回はWi-Fiをレンタルして臨む方向。多分それで問題無いような気はしますが、上記サイトを見る感じだと向こうに着いてからでも手配する事は可能ののようですね。いざというときには利用したいと思います。

食事

まぁ今回は観光では無いのでそこまでこの点は重要視してませんが、3〜4日間滞在する訳ですし何か美味いものは食って帰りたいところですね。当エントリを御覧の皆様の中で『シンガポール行ったらこれ食っとけ!』的なオススメがありましたら教えて頂けると幸いです。

 

まとめ

という訳で予習的なエントリとしてイベントその他について気になる点をまとめてみました。

過去の例に倣う形で、今回も『ブログエントリ/参加レポート投下』のミッションは課せられる流れになるので何らか滞在期間中〜帰国後に書くと思います。その際は『お〜、こんな感じでイベント開催されてたのか』と御覧頂けると幸いです("パートナー"サミットなので内容にもよって来るとは思います...)。英会話/ヒアリングのスキルを鍛えられぬまま海外に出向く事になるのでその点が不安と言うか心配ではあります。最悪マーライオンとグルメのレポートになりそうな気がしなくもないですがその場合は生温かく見守って頂ければと思います!(しろめ

脚注

  1. 17日(月)通常営業→夜中に羽田発→18日朝シンガポール着→(18日〜20日イベント)→20日夜シンガポール発→21日朝羽田着→21日はそのままお仕事...というような弾丸ツアーとなる予定です
  2. 都心積雪27センチ 45年ぶりの大雪 NHKニュース
  3. NUBoardに関する解説はこちら。:第1回 NUboardユーザーミーティングに参加してきた #NUboard | Developers.IO