Tableau 2018.2 新機能紹介:ダッシュボードのグリッド表示 #tableau

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

先程(日本時間2018年07月31日11時過ぎ)、Tableauの新バージョンである「v2018.2」が正式リリースされました!

当ブログでも早速v2018.2の新機能について内容をご紹介していきたいと思います。

当エントリで紹介する新機能は「ダッシュボードのグリッド表示」です。

ダッシュボードのグリッド表示

これまでは、Tableauで表示するグラフ・ビュー等の背景に表示される「罫線」はデータの内容に応じた幅広のものしかありませんでした。今回の新機能ではそれとは別に、任意のより細かい表示幅でグリッド線が表示できるというものとなります。

まずは土台となるダッシュボードを作成または用意します。今回はTableauのサンプルワークブックをチョイスしました。

メニューの「ダッシュボード」を見てみると、「グリッドを表示」という項目が選択出来るので選んでみます。

すると、うっすーーい水色の線が格子状にグラフの背景に表示されるようになりました!

この線については、表示幅を変える事が可能です。「グリッド オプション」を選択すると、

以下の様に、任意の幅を入力して変更する事が出来るようになります。

ちなみに、今回の機能は「ダッシュボードのグリッド」となっているので、ビュー単体の内容については表示出来るものではありませんので悪しからず。また、グリッド線の色は現在薄い水色ですが、この色も変更する事は現状出来なさそうな感じです。(色変更は今後出来るようになっていると嬉しいかも...)

まとめ

という訳でTableau 2018.2新機能「ダッシュボードのグリッド表示」に関する内容のご紹介でした。一見すると地味な機能ではありますが、表示内容の微妙な違いを判別するためのモノサシ的な情報が欲しいなぁ〜となった時にこの機能を使う事で確認し易くなると思いますので是非活用してみてはいかがでしょうか。