D3.js – 円グラフのポイント

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

前回に引き続き、今回はD3.jsで円グラフを表示する上でポイントとなる点を取り上げ
また公式サイトのサンプルソースを解析してみたいと思います。

ポイントについて

D3.jsで円グラフを描くには
・データ一つ一つを表すパイ(扇)を設定する
・各パイに円弧を指定して円グラフとする
という手順となります。

それらパイ(扇)、円弧を描くのが、D3.jsの以下の関数となります。

・d3.layout.pie
パイを作成します。

・d3.svg.arc
arc(円弧)を作成します。

詳細については、公式サイトのAPI Referenceを参考にしてください。
API Reference · mbostock/d3 Wiki · GitHub

サンプルソース

上記のポイントを踏まえ、公式サイトに乗せられている
Pie Chart
を解析し、コメントを追加しました。

<!DOCTYPE html>
<meta charset="utf-8">
<style>

    body {
        font: 10px sans-serif;
    }

    .arc path {
        stroke: #fff;
    }

</style>
<body>
<script src="http://d3js.org/d3.v3.min.js"></script>
<script>

    var width = 960,
            height = 500,
            radius = Math.min(width, height) / 2;

    var color = d3.scale.ordinal()
            .range(["#98abc5", "#8a89a6", "#7b6888", "#6b486b", "#a05d56", "#d0743c", "#ff8c00"]);

    // 円弧の外径と内径を定義
    var arc = d3.svg.arc()
            .outerRadius(radius - 10)
            .innerRadius(0);

    // パイを定義
    var pie = d3.layout.pie()
            .sort(null)
            .value(function(d) { return d.population; });

    // svgの定義
    var svg = d3.select("body").append("svg")
            .attr("width", width)
            .attr("height", height)
            .append("g")
            .attr("transform", "translate(" + width / 2 + "," + height / 2 + ")");

    // データを読み込む
    d3.csv("data.csv", function(error, data) {
        // データをフォーマット
        data.forEach(function(d) {
            d.population = +d.population;
        });

        // パイにデータを割り当て、パイを作成
        var g = svg.selectAll(".arc")
                .data(pie(data))
                .enter().append("g")
                .attr("class", "arc");

        // 円弧を指定
        g.append("path")
                .attr("d", arc)
                .style("fill", function(d) { return color(d.data.age); });

        // 年齢をパイに表示
        g.append("text")
                .attr("transform", function(d) { return "translate(" + arc.centroid(d) + ")"; })
                .attr("dy", ".35em")
                .style("text-anchor", "middle")
                .text(function(d) { return d.data.age; });

    });

</script>

上記のポイントで説明したように
パイを作成し、円弧を指定することで
円グラフを表示していることが分かるかと思います。

まとめ

D3.jsにて円グラフを表示する際のポイントとなる2点
「パイ」「円弧」について理解して頂ければ幸いです