[レポート] 【コニカミノルタ様ご登壇事例】コニカミノルタのビジネス向け ” MarketPlace “ グローバル展開を支える AWS サービス徹底活用 #AWSSummit

AWS Summit 2018 Tokyo

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

2018年05月30日(水)〜2018年06月01日(金)の計3日間に渡り、グランドプリンスホテル新高輪(国際館パミール、飛天)で開催されています。

当エントリでは2018年06月01日に行われた『【コニカミノルタ様ご登壇事例】コニカミノルタのビジネス向け ” MarketPlace “ グローバル展開を支える AWS サービス徹底活用』に関する内容をレポートしたいと思います。

-- AWS Summit Tokyo 2018(2018年5月30日~6月1日)|AWS

セッション概要

当セッションの登壇者及び概要は以下の通りです。

スピーカー: 清水 照久 コニカミノルタ株式会社 デジタルワークプレイス事業部 副事業部長
Matthew Metnetsky コニカミノルタ株式会社 Solution Engineering Center Chief Architect

概要: コニカミノルタは 2012 年よりクラウドサービス基盤に AWS を採用し、主に中小のお客様へオフィスソリューションを提供してきました。また 2017 年 1 月にそれまで世界に点在していた知見を集約し、地域ごとのビジネスに対応しつつグローバルで統合されたセールスチャネルとして、Konica Minolta MarketPlace をスタートしました。本セッションでは、複数リージョンに跨るアーキテクチャ、GDPR 対応、社内インフラとの連携、コンテナ利用等、MarketPlace での様々な課題への取り組みをご紹介します。

セッションレポート

以下、セッションのレポートです。

はじめに

  • 現在のビジネス分野
    • オフィスサービス分野
    • プロフェッショナルプリント分野
    • ヘルスケア分野
    • 産業用光学システム分野
    • 材料・コンポーネント分野
  • 世界約150カ国で展開している
  • 複合機に限らず、IT支援サービスを提供している
    • ITインフラ管理
    • 情報管理
    • ビジネスプロセス管理
    • セキュリティ
  • Konica Minolta MarketPlace
    • 複合機事業のためのソフトウェア/ツール販売チャネル(2018年6月現在 62ヶ国に対応)
  • 実は2012年頃からはじまり、数多くのAWSサービスを活用した事業展開をしている

Matthew Metnetsky氏による講演(同時通訳)

  • 海外各国で独自のDBを利用していたMarketPlaceのDBを統合させた
  • 6ケ月でコードを刷新、オンプレミスからAWSへシステムを移行した
    • マルチリージョンで展開
    • MarketPlaceでは、GDPRのためすべての個人情報をFrankfurtリージョンに集中保管している
    • 他地域からのアクセスに対してはMemcacheを利用して高速化を実現
    • RDSそのものをEUに集中させている
  • Route 53によって利用者により近いリージョンへ接続
  • Elastic Beanstalkを利用することで迅速なデプロイの実現
    • Blue/Greenデプロイの利用が手軽になった
  • Elastic Beanstalk + ECS マルチコンテナによるDockerの利用
    • nginx + php-fpm のコンテナはそうそう頻繁に更新することはない
  • 可能な限り細分化して構築する
  • Lambda Auth Functionによってセキュアな仕組みに
  • オンプレミス環境からセキュアな接続を実現するための工夫
    • AWS SQS、Lambda Function、EC2などを組み合わせたシンプルな構成

感想

途中、同時通訳のレシーバーがうまく動かず苦戦しましたが、Matthew Metnetsky氏のわかりやすい構成図によりRlastic Beanstalkを活用したおおよその動作については理解ができました。セッションで使われた資料は公開されるとのことでしたので、公開され次第リンクを追加したいと思います。