[速報]視覚的にIoTアプリケーションを開発できる!?「AWS IoT Things Graph」が発表されました! #reinvent

ども!大阪オフィスの西村祐二です。

今日(2018/11/26)のre:Inventのイベント会場では特にアナウンスはなかったですが、「AWS IoT Things Graph」がきてました!

ただ、GAではなくプレビューの状態です。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/11/iot-things-graph-now-in-preview/

どんなサービス?

サービスサイトはこちらです

さまざまなデバイスやWebサービスを視覚的に接続してIoTアプリケーションを構築するのを容易にするサービスのようです。

スマートホーム、産業オートメーション、エネルギー管理など、幅広いユースケースのタスクを自動化するためのさまざまなデバイスとWebサービスを使用して、IoTアプリケーションが構築されています。広く採用されている標準は存在しないため、今日、開発者が複数のメーカーのデバイスを相互に接続したり、Webサービスと接続することは困難です。

これにより、開発者は、IoTアプリケーションに必要なすべてのデバイスとWebサービスを結びつけるコードを書く必要がありました。

AWS IoT Things Graphは、デバイスとWebサービスを接続して調整するための視覚的なドラッグ&ドロップインターフェースを提供するので、IoTアプリケーションを素早く構築できます。例えば、市販の農業アプリケーションでは、湿度、温度、水を自動化するクラウド内の気象データサービスを備えたスプリンクラーセンサー。プロトコルやインタフェースなどの低レベルの詳細を隠し、洗練されたワークフローを作成するために統合するのが簡単な、モデルと呼ばれる、事前に構築された再利用可能なコンポーネントを使用してデバイスとサービスを表現します。

デバイス連携

AWS IoT Things Graphは、スイッチやプログラマブルロジックコントローラ(PLC)などの一般的なデバイスタイプ用に事前に構築されたこれらのモデルを使用したり、GraphQLベースのスキーマモデリング言語を使用して独自のカスタムモデルを作成したり、数回のクリックで、カメラ、ロボットアームなどのデバイスに適用できます。

IoT Things Graphアプリケーションは、AWS IoT Greengrass対応デバイスで実行されます。

利点

大きく3つの利点があげられます。

  • IoTアプリケーションの高速化
  • 洗練されたワークフローを簡単に作成
  • 管理と監視が容易

参考画像

サービスページよりフローと参考画像が掲載されていたので、こちらにものせておきます。

https://aws.amazon.com/jp/iot-things-graph/

  • ステップ1

モデルライブラリからデバイスとWebサービスモデルをドラッグアンドドロップして、フローを構築します。どのモデル出力を他のモデルへの入力としてルーティングするかを指定して、モデル間の相互作用を定義します。

  • ステップ2

Amazon S3バケットを選択してアプリケーション設定を保存し、アプリケーションを実行するAWS IoT Greengrassデバイスを選択します。

  • ステップ3

AWS IoTレジストリ内のデバイスにモデルをコンソールに数回クリックするだけで関連付けます。AWS IoT Things Graphは、関連付けを使用して、アプリケーション内のデバイスからテレメトリデータを取得します。

  • ステップ4

フローを開始するトリガーを定義します。トリガは、ローカルに接続されたデバイスの出力とすることができます。この例では、ドアロックが有効なキーカードを検出すると、ホテルパーソナライゼーションフローがトリガされる。

  • ステップ5

アプリケーションをAWS IoT Greengrass対応デバイスにデプロイしてローカル実行します。AWS IoT Thingsグラフは依存関係をパッケージ化し、デバイスにプッシュします。IoT Thingsグラフは、ローカルでインタラクションをオーケストレーションします。

プレビューに申し込もう!

下記リンクより、プレビューに申し込むことができます。サービスを触りたくてしょうがない方は申し込みを忘れずに!

https://pages.awscloud.com/thingsgraph-preview.html