Amazon AppStream 2.0 の外観をスタックごとにカスタマイズする

Amazon AppStream 2.0はスタックごとに外観をカスタマイズできます。

この機能を利用すると、プロダクション・ステージングのように環境ごとにスタックがあったり、サイトごとにスタックがあるケースにおいて、ユーザーがどのスタックにアクセスしているのか識別しやすくなります。

エンドユーザー企業のブランドロゴに合わせて、外観をカスタマイズしても良いでしょう。

この機能を実際に試してみます。

外観をカスタマイズ

外観を変更するには、スタックの「Branding」タブから行います。

「Branding theme」の初期値として「AppStream 2.0 (default)」が選択されているため、「Custom」に変更します。

カスタマイズできるデザインは以下です

  • Application catalog page
    • Organization logo : 1000x 500 px 以下の画像。サイズは300KB以下
    • Organization website links: リンク
    • Color Theme : リンクの色
  • Browser tab
    • Page title : ブラウザのタブタイトル
    • Favicon : Favicon

これらを実際に設定したのが以下の外観です。

デフォルトの外観

比較のために、デフォルトの外観も共有します。

注意

  • Organization website links
  • Page title

には

  • 半角英数字
  • 半角空白
  • 一部の特殊文字(- @ . / # & + $)

しか使えず、例えば日本語を入力するとエラーになります。

今後のアップデートに期待です。

参考