江戸前セキュリティ勉強会201602で「AWSにおけるセキュリティの考え方」を話してきました

103件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ドラクエビルダーズ三昧の森永です。

今日は永田町は株式会社ラックさんのセミナールームで開催された「江戸前セキュリティ勉強会」で登壇させて頂きました。
AWSクラスタじゃないひとがいっぱい来るということで、テクニカル寄りではなく考え方の話をメインでやらせて頂きました。

江戸前セキュリティ勉強会とは

江戸前セキュリティ勉強会は、東京周辺で開催するセキュリティ勉強会です。
無理せず(1年に2回程度)、どなたでも参加しやすい勉強会を目指します。

公式サイトからの引用

クラウドは関係なく、セキュリティに興味のある方向けの勉強会です。
今回はクラウド特集ということでお声かけ頂きました。

資料

AWSの責任共有モデルについて話をさせて頂きました。
オンプレだからクラウドだから安全、危ないという話ではないんですよということを伝えたかったです。

質疑応答の際、「データをクラウドに乗っけるの危なくないの?って言われるんですが、どうすればいいです?」という質問を頂き、まだまだそういう認識をされている方もいらっしゃるんだなあ、というのが逆に新鮮でした。
クラウド界隈ではそんな話はもはや出ないので、クラウドと関係ない方のお話を聞けたのは個人的に大収穫でした。

最後に

江戸前セキュリティ勉強会は学生さん大歓迎の勉強会で、終始和やかな感じで進み非常にやりやすかったです。
休憩時間に出るおやつが非常に美味しかったです。

DSC_0303

次回開催される際は是非ご参加下さい。