AWS Management Consoleへのサインインがより便利になりました

80件のシェア(ちょっぴり話題の記事)

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

西澤です。AWS Management Consoleへのサインイン方法にアップデートがあり、地味に便利になったので、ご紹介したいと思います。

AWS Management Consoleサインインにおけるこれまでの課題

AWS Management Consoleへのサインインする方法として、

  • rootアカウント(初期登録したメールアドレス)でのサインイン
    • https://console.aws.amazon.com/
  • IAMユーザでのサインイン
    • https://(AWS-account-ID-or-alias).signin.aws.amazon.com/console

の2種類があるわけですが、この2種類のサインインに利用するURLは全く異なるものです。これまでの操作の履歴がブラウザのキャッシュに残っていれば、前回と同じ方法に誘導されるようなのですが、IAMユーザでのサインイン画面からrootアカウントのサインイン画面にはページ上のリンクから遷移することができたのですが、その逆はできませんでした。

from_iam_to_root

その為、ブラウザにキャッシュが無い状態でIAMユーザへのサインインをするには、サインイン用のURLを覚えておくしかありませんでした。

console_login_link

ちなみにアカウントIDはそのままですと、数字12桁で覚えておくことが難しいと思いますので、アカウントエイリアス(別名)も利用することができます。こちらについては、下記ページをご確認ください。

AWS Management Consoleへの新しいサインイン方法を試してみた

rootアカウントでのサインイン

rootアカウントでサインインする場合は、そのまま登録した"メールアドレス"を入力します。

root_account_login

正しいメールアドレスを入力できていれば、パスワードが要求されるので、ここでパスワードを入力するだけです。

root_account_login_2

これまで1回で行っていた操作を、2段階になった形です。

IAMユーザでのサインイン

IAMユーザでサインインする場合は、"数字12桁のアカウントID(またはアカウントエイリアス)"を入力します。

iam_account_login

遷移した画面内で、ユーザ名とパスワードを入力するところはこれまでと同じです。

iam_account_login_2

これで、IAMユーザ用のログインURLを覚えていなくてもアカウントIDとIAMパスワード情報がわかれば、サインインできるようになりました。これまで通り、IAMユーザでサインインしたキャッシュがあれば、サインアウトしてもこの画面から始めることができます。

まとめ

とても地味なアップデートをご紹介しましたが、これは便利!と思った方は逆に要注意。そのような方は、rootアカウントとIAMユーザでのサインインをそれぞれ頻繁に行っているということになります。rootアカウントでのサインイン作業は、本来ほとんど不要なはずですので、その点も認識いただいた上でご利用いただければと思います。

どこかの誰かのお役に立てば嬉しいです。