[アップデート] Amazon RDS for Oracleで2017年10月のPatch Set Updates (PSU)が使えるようになりました

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめに

今回ご紹介するアップデートはこちら。

アップデート内容

Amazon RDS for Oracleでは、四半期ごとにリリースされるDatabase Patch Set Updates (PSU)の形でOracleのバグ修正パッチが適用されます。今回のアップデートで、2017年10月のPatch Set Updates (PSU)が使えるようになりました。具体的には
12.1.0.2.v10及び11.2.0.4.v14が2017年10月のPSUが提供された状態となっています。

なお、v12.1.0.1は2016年7月に、v11.2.0.2は2013年10月に、パッチ適用が終了されました。そのため今回のものも含め、パッチは適用されないので注意が必要です。

Amazon RDS for Oracleをlaunchする際のバージョン選択画面で、以下の通り12.1.0.2.v8と11.2.0.4.v12が選択可能になっています。

既存のAmazon RDS for Oracleをバージョンアップする際には、[Modify DB Instance]を実行します。手順はマニュアルに記載がありますので、以下をご参照ください。

今後のPSUのアップデート予定日は以下の通りです。Oracleからリリース後、AWS側での検証を経てリリースされますので、2-3ヶ月程度のタイムラグがあります。

  • 2018年1月16日
  • 2018年4月17日
  • 2018年7月17日
  • 2018年10月16日

さいごに

PSUはセキュリティ上問題となるバグの修正も含んでいますので、原則アップデートを推奨します。アップデート後の動作検証を行った上でアップデートしてください。お困りの場合はクラスメソッドにご連絡を