Amazon RDSのリードレプリカMulti-AZ利用が可能になりました

はじめに

AWSチームのすずきです。

Amazon RDS (MySQL, MariaDB)のリードレプリカ、Multi-AZ で利用可能となるアップデートがありました。

その設定を試す機会がありましたので、紹介させて頂きます。

Amazon RDSのリードレプリカがMulti-AZ配置をサポートしました

手順

AWSコンソール

リードレプリカのMulti-AZ設定に対応した、「新しいコンソール」を利用します。

2

リードレプリカ作成

事前に起動済みのRDSインスタンス(MariaDB/MySQL)を指定し、「リードレプリカの作成」を選択します。

新しいRDSコンソールでは、インスタンスの仕様として「マルチAZ配置」が指定出来るようになりました。

今回、東京リージョンのDR先としてオレゴンリージョンを利用する用途を想定し、 送信先リージョンとして「US West(Oregon)」を指定しましたが、同一リージョン(東京)に設置するリードレプリカをMulti-AZ配置することも可能です。

リードレプリカの確認

リードレプリカの作成が完了すると、 オレゴンリージョンのRDSインスタンスとして、リードレプリカが確認可能になります。

詳細情報として「マルチAZ」で設定されている事を確認できました。

リードレプリカのフェイルオーバ

リードレプリカのインスタンスの再起動時のオプション指定で、リードレプリカを フェイルオーバさせる事が可能です。

まとめ

高い目標を掲げたDRを必要とするシステムで、以下に該当するような場合、 今回リリースされたリードレプリカのMulti-AZ設定が有効かと思われます。

  • リードレプリカインスタンスや、その設置AZ障害に伴うレプリケーションの中断がリスクとなる
  • 大規模DBで、レプリケーションの初回同期の所要時間が長くなる恐れがある
  • DRの復旧手順として、Multi-AZ設定を省略する事で、RTO(復旧目標時間)の短縮を図りたい

尚、Auroraもクロスリージョンでリードレプリカを利用する事が可能です。 DBエンジンとしてAuroraを利用できる可能性がある場合には、比較検討頂ければと思います。

Amazon AuroraでCross-Region Read Replicaがご利用頂けるようになりました