【速報】EC2に新しいインスタンスタイプ T2/R4/I3/C5/F1が追加されました #reinvent

アイキャッチ AWS EC2

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、菊池です。

re:Invent 2016、本日のキーノートにて、EC2の新しいインスタンスタイプが発表されました。

新しいインスタンスタイプ

今回発表されたインスタンスファミリー/タイプは以下です。

  • T2:バースト -> t2.xlarge/t2.2xlarge追加
  • R4:メモリ最適化 -> R3の2倍、最大488GBメモリ
  • I3:IO最適化 -> I2の数倍のIOPS
  • C5:コンピューティング最適化 -> Skylake搭載/C4の3倍のvCPU
  • F1:FPGA搭載

reinvent-ec2-32

T2/R4は本日から利用可能

このうち、I3/C5はComing Soonということで、2017Q1以降に利用可能になります。T2(t2.xlarge/t2.2xlarge)、R4については一部のリージョンですでに利用可能になっています。

  • T2/R4利用可能
    • バージニア北部
    • オレゴン
    • 北カリフォルニア
    • オハイオ
    • アイルランド
    • フランクフルト
    • シドニー
  • t2.xlarge/t2.2xlargeのみ追加
    • 東京
    • ソウル
    • シンガポール
    • ムンバイ
    • サンパウロ

低価格のt2でもハイスペックなインスタンスが選択可能になりました。

t2instance

r4.16xlargeでは488GBのメモリ、20GBネットワークが利用可能です!

r4instance

まとめ

インスタンスファミリー/タイプが拡充されたことで、より最適なインスタンスを選択可能になりました。

特に、メモリ最適化のR4、IO最適化のI3については久しぶりの新世代ファミリー追加となり、データベースをEC2で利用している場合などには嬉しいアップデートです。