Lyftを使ってセッション会場間を移動してみました #reinvent

CX事業本部の熊膳です。ラスベガスで開催されているAWS re:Invent 2019に参加中です。

セッション間の移動についてにあるように、ホテル間の移動は、なかなかつらいものがあります。今回ホテル間の移動にLyftを利用しましたので、紹介します。

Lyft

Lyftは、アメリカで利用可能な配車サービスの一つです。いわゆるライドシェアです。Lyft以外では、Uberが有名ですね。

公式サイトは、以下です。

Become a Driver or Get a Ride Now – Lyft

今回このサービスを使ってみました。

事前準備

まずはアプリのインストールです。私はiPhoneを利用していますので、以下はiOS版になります。

  • Storeからインストールします。

  • 起動したら、画面の指示に従って進めて下さい。

  • 携帯電話の番号を入力します。アメリカで使えるSIMを用意したので、これを指定しました。
  • SMSでコードが送られてきますので、入力します。

  • 個人情報の登録

  • 利用許諾に同意します。

  • 決済方法の登録を登録します。後からも変更可能です。

  • 自分の写真の登録

  • まだ乗らない場合は「Get ready to ride later」を選択

  • Push通知を許可

  • 届いたメールを承認するすると完了です。

使ってみる

では、使ってみます。今回は、ARIAからVenetianへの移動で使ってみました。

  • アプリを起動します。

  • Pickupは、現在地(ARIA)、Drop-offはVenetianを選択します。

  • 車を選択します。キャプチャし忘れましたが、ドライバーも選べます。五つ星のDanielさんを選択しました。

  • ARIAでは、Uberの乗車場所が用意されています。タクシーとは違う場所でした。場所は、案内も出ていますが、ホテルの人に確認するのが確実です。Lyftのドライバーもそこに来るので、こちらもそこまで移動します。
  • 車が近くまで来ると、スマホに通知が来ます。アプリでも車の現在位置が表示されています。あとどれくらいかがわかるのは、安心できますね。

  • 車が来たら、車種と車のナンバーで相手を確認します。相手もこちらの顔で判断していると思います。
  • 乗車し軽く挨拶をして出発。
  • 移動中もアプリで現在位置とあとどれくらいで到着するか、確認できます。

  • 到着したら、お礼を言って降りて終了。今回は渋滞だったため、ホテルの手前で降りました。
  • ドライバーの評価をします。チップもその画面で払うこともできます。
  • 次に乗ったとき用のrideクレジットをもらって終了です。
  • 私のコードもあるので、社員の方で欲しい方がいれば連絡下さい。

最後に

re;Inventの会場から会場への移動は、そこそこ時間がかかります。いろいろ移動手段がありますが、Lyftもその候補になると思いました。

時間帯によっては渋滞になることもありますので、早めの移動を心がけましょう。

以上、現場からでした。