[レポート]ANT203:NikeはこうしてElasticsearch選んだ! #reinvent

17時間の時差の向こうからこんにちは!AWS事業本部のShirotaです。

私は今回、初学者でもre:InventでAWSのサービスについて触れて学べるセッションを多めに参加していき、ブログにアップしておりますのでどうぞ宜しくお願い致します。 (別途、全エントリを通してのビギナーセッションブログのまとめも随時更新予定です!)

今回参加したセッション

ANT203 - Search at Nike with Amazon Elasticsearch Service こちらのセッションに参加致しました。

カタログに記載されているセッションの概要

Amazon Elasticsearch Service (Amazon ES) provides powerful, natural-language-based search features and a rich API to enable relevant search for applications like ecommerce, data lakes, and your application data. Nike upgraded the search engines for its web properties, including the Nike online store, standardizing on Amazon ES for these mission-critical workloads. With Amazon ES, Nike can focus on its core mission—enabling customers to find and purchase its products—without worrying about the hassle of deploying and scaling hardware, deploying Elasticsearch, configuring and securing its clusters, upgrading with security patches, or any of the low-value, operational tasks necessary to keep Elasticsearch maintained. Come to this session to learn the factors that Nike used in choosing Amazon ES. Get an overview of its architecture, and hear about the results of its migration.

私はスニーカーならニューバランス派ですが、Nikeも勿論好きです。そのNikeが実際にElasticsearchをどう活用しているのかが気になったのでこのセッションを予約してみました。 では早速、セッションに参加して参ります!

セッションに参加してきました

セッションでは主に、Nike社の事業が爆発的に成長するに従い捌き切れなくなった検索のアップデートに関して、AWS Elasticsearch serviceを導入してどのように改善されたかについてが話されました。

Nikeの成長・それと共に発生した問題が以上のように紹介されました。

私は今回、その中で紹介されたAWS Elasticsearch serviceについてを中心に、このサービスが選定されるまでを簡単に紹介しようと思います。

そもそも強い検索エンジン

  • 全文検索
  • アプリケーションのモニタリング・それを用いた根本原因解析が行える
  • セキュリティログの自動収集から一元管理・自動分析を行う「セキュリティ情報イベント管理」(SIEM)
  • 上記のような特徴をリアルタイムに実施できる事からIoT・Mobileとの相性が良い

などの特徴がElasticsearchにあります。実際、OSSである事等もありログ分析に置けるシェアは以下のように成長しているところです。

それをフルマネージドで提供

そんな強いElasticsearchをフルマネージドサービスとして提供しているものがAWS Elasticsearch serviceです。

  • サポートの充実
  • すぐにElasticsearchのクラスターをデプロイして始められる
  • 高可用性
  • AWSのマネージド配下ならではの他AWSサービスとの相性の良さ
  • スケーラブル(デプロイも早ければスケール変更も早い)
  • そもそもVPCの中にデプロイできる時点でセキュア

と言った部分が強化されています。

選ばれたのはAWS Elasticsearchでした

Nike社は、上記のように実際に全文検索エンジンの選定にあたって(左から)SOLR,ELASTICSEARCH,AWS ELASTICSEARCHの比較を行ったそうです。 SolrはElasticsearchと同じく全文検索エンジンです。

学習コストはSolrよりはあるものの様々なユースケースに対応していける事、またAWSのマネージドサービスならではの強化されている観点からNike社はAWS Elasticsearchを採用しました。

Nike社が求めたもの、そして達成した事

Nike社のElasticsearchをどう扱ったかについては触れませんが、Elasticsearchを採用するに至ったNike社のミッションとビジョン、どう変化したかについての分かりやすいスライドをまとめて置きます。

興味があったElasticsearchに触れて

企業系セッションに関しての初学者の向き合い方は前のブログで軽く触れましたが、今回のセッションは企業系セッションでも大分技術寄りの話をしてくれて聞きやすいセッションでした。 後プレゼン資料のセンスが良い。

▲改めて載せますが、かっこいい。

ECサイトの運営にはつきものとなる検索エンジンです。かつ、検索にはセキュリティなど他の要素にも役立てれらる要素が多い事を今回改めて学べました。