[新機能] Transfer for SFTP が CloudFormation で作成可能になりました

こんにちは、菊池です。

地味なアップデートを紹介していくコーナーです。先日のアップデートにて、AWS Transfer for SFTP が CloudFormation に対応しました。

Transfer for SFTP を CloudFormation で作成

早速やってみました。

ServerとUser、両方ともCloudFormationに対応しています。 Transfer for SFTPを利用するのに必要な、IAM Role、S3バケットも併せて、まとめて作成してみました。

AWSTemplateFormatVersion: '2010-09-09'
Description: SFTP RESOURCES

Resources:

#S3アクセス用のIAM Roleの作成
  SftpRole:
    Type: AWS::IAM::Role
    Properties:
      AssumeRolePolicyDocument:
        Version: "2012-10-17"
        Statement:
          - Effect: "Allow"
            Principal:
              Service:
                - "transfer.amazonaws.com"
            Action:
              - "sts:AssumeRole"
      ManagedPolicyArns:
        - arn:aws:iam::aws:policy/AmazonS3FullAccess

#SFTP Serverの作成
  SftpServer:
    Type: AWS::Transfer::Server
    Properties:
      EndpointType: PUBLIC

#Home Directory用S3バケットの作成
  HomeS3bucket:
    Type: AWS::S3::Bucket
    Properties:
      BucketName: !Join
        - '-'
        - - 'sftp'
          - !Ref 'AWS::AccountId'

#SFTP Userの作成
  SftpUser:
    Type: AWS::Transfer::User
    Properties:
      UserName: SFTPUSER
      HomeDirectory: !Sub /${HomeS3bucket}/SFTPUSER
      Role: !GetAtt SftpRole.Arn
      ServerId: !GetAtt SftpServer.ServerId
      SshPublicKeys:
        - ssh-rsa XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXaB40RRVx4bHrdiuGbTBLp3qXwNf4QPSAylHPFCPBbdi/d+t9ox4NWtG3snuSV2ghRF8WBSj96DOQ7a/bRXaSayZnugmckoAi2LQPEBh7a9hcnCml/xGAPmq2riXo3dUgIlNTxS6RiCSuOX3HRzd1uMjtQX+tRqlt6Wnj/IY4fpIVY4Ra3g67lmZVBtGvh+uNnJX8cs7FnN6Y3KaFqelQMl9lLVYIGURfSrhwyZRSKF3b1Hgqo1uzX5SCugwb0IjNGcPU3x5p1fYUdrAv8mhk0nw/qPW47SVyXBaN9EkAk3AltF

SFTP Userの接続に利用するパブリックキーは、公開鍵の内容をそのまま記載することで設定可能です。

スタックを作成すれば、以下のようにまとめてリソースが設定されました。SFTPのマネジメントコンソール上で、CloudFormationで管理さている旨が表示されています。

最後に

以上です。Transfer for SFTPは、サーバー側の設定は非常にシンプルですが、CloudFormationでユーザーをポリシーなど含めて一括で管理できるのがうれしいところかもしれません。