AWS LambdaがCloudFormationで構築できるようになりました!

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

ウィスキー、シガー、パイプをこよなく愛する大栗です。
CloudFormationがアップデートしてLambdaに対応したり諸々アップデートしたので、まとめてみます。

アップデート内容

AWS Lambda

ようやくLambdaがCloudFormationに対応しました!LambdaファンンクションをCloudFormationで作成する場合はS3にZipファイルとしてアップロードしておく必要があります、もしくはインラインでコードも書けます。
AWS::Lambda::Function
AWS Lambda Function Code

Amazon VPC

VPCではプライベートサブネットからs3へアクセスできるVPCエンドポイントがCloudFormationに対応しました。リソースタイプの"AWS::EC2::VPCEndpoint"を使用すると作成可能です。
AWS::EC2::VPCEndpoint

AWS Elastic Beanstalk

Elastic BeanstalkのEnvironmentにタグを付けられる様になりました。
AWS::ElasticBeanstalk::Environment

Amazon RDS

"SourceDBInstanceIdentifier"プロパティを設定することでCross-Region Replicationの設定をすることができます。
AWS::RDS::DBInstance

OpsWorks

AWSのWhat's Newには記載がありませんでしたが、OpsWorksにもアップデートがある様です。"EbsOptimized"プロパティを設定することでEBS最適化を有効化することができます。
AWS::OpsWorks::Instance

Amazon S3

CloudFormationのテンプレートをS3から設定するときに過去のバージョニングも指定できる様になりました。この機能のおかげでS3上でCloudFormationのバージョン管理が可能になります。
以下のようにversionId付きでtemplate-urlを指定します。

aws cloudformation create-stack --template-url https://s3.amazonaws.com/templates/myTemplate.template?versionId=123ab1cdeKdOW5IH4GAcYbEngcpTJTDW

さいごに

ようやくLambdaがCloudFormationに対応しました。これでノンEC2環境を一発で構築できるようになりますね!

コメントは受け付けていません。