Elastic BeanstalkをSingle Instanceで構築するとElastic IPが自動で作られるか確認する

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

東京で食べ歩き研修中の横山です。
今回はElastic BeanstalkをSingle Instanceで構築した時に、Elastic IP(以下EIP)が自動で作られるか確認してみました。

確認手順

まずはじめにEC2のDashboardからEIPが無いことを確認します。
beanstalk_single_eip_00

Elastic BeanstalkのSingle Instanceで構築していきます。
BeanstalkのDashboard右上の「Create New Application」をクリック
beanstalk_single_eip_01

アプリ名を入力。
beanstalk_single_eip_02

「Environment type」を「Single instance」に設定。
EIPの作成が確認できればいいのでほかは適宜設定
beanstalk_single_eip_03

特に変えずに「Next」
beanstalk_single_eip_04

「Environment URL」が被ってなければ「Next」
beanstalk_single_eip_05

RDSもVPCも追加で必要ないので、そのまま「Next」
beanstalk_single_eip_06

SSHで作業することがあるかものかたはKeyPairを登録します
(EIPの確認だけだとKeyPairの登録不要でした)
beanstalk_single_eip_07

Tagはお好みで設定し、「Next」
beanstalk_single_eip_08

設定を確認して、問題なければ「Launch」
beanstalk_single_eip_09

構築ログを見ると「Created EIP」の文字が!
beanstalk_single_eip_10

EC2のDashboadからもEIPの作成が確認できます。
beanstalk_single_eip_11

Beanstalkから「Delete Application」を行うとEIPも一緒に削除されます。
beanstalk_single_eip_12

結論

特に事前に準備することなくEIPが作成されることが確認できました。

参考