[新サービス]AWS License Manager – ソフトウェアのライセンス管理とルールの強制が可能に – #reinvent

コンニチハ、千葉です。

New AWS License Manager – Manage Software Licenses and Enforce Licensing Rules

こちらに関してレポートをお届けします。

AWS License Managerとは?

独自のライセンスに関するルールを定義して、AMIや起動テンプレートに関連づけ、追跡できるようにします。ライセンス違反するとEC2を起動できなくすることもできます。

このサービスは1つのAWSアカウントだけではなく、複数のAWSアカウントの使用状況をつい遺跡可能なサービスです。今年に入って、複数のAWSアカウントでの運用が考慮されたサービスがたくさん出ていますね!

やってみた

マネージメントコンソールにさっそく追加されてます。東京も利用可能でした。

ライセンス設定を作成する

作成しようとすると、サービスリンクロールが必要とのことで、付与しましょう。

どのようなライセンスかを登録します。vCPU/Core/Socketsなのか、買っている数、ライセンス超えた場合のEC2を起動させなくする(Enforce license limit)設定など指定可能です。

オプションで、起動するEC2の最小/最大CPUの数、EC2のテナントの種類(shared, dedicated host, or dedicated instance)も指定できます。

ライセンスルールを登録できました

ライセンス設定を紐づける

作成したルールを、AMIに紐づけます。自分が所有しているAMIが表示されるので、選択して紐づけします。

と思ったらエラーでうまく紐付けできなかったので、また今度試してみます。紐付けたEC2を起動すると、CPUなどがカウントされ、上限を超えるとアラートを出したり、EC2自体を起動できなくすることができます。

他のAWSアカウントを包括的に見る

Settingsから有効化することでOrganizationまたはクロスアカウントで、包括的に管理することができます。また、SNSでアラート通知することもできます。

最後に

ライセンスに関してコンプライアンスを保てるようなサービスがリリースされました。大規模組織でコントロールが必要な場合、早速導入してみてはいかがでしょうか?