「Sapporo.aws 第3回」にてWindows EC2 インスタンス向けSystems Mangerの便利な使い方について紹介しました。#sapporoaws

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

こんにちは、コカコーラ大好き、カジです。

第3回sapporo.awsで「AWS Systems Managerの使い方」で登壇しました。 EC2 Windowsインスタンスを対象にしたSysytems Managerを利用すると便利になる使用法を紹介しました。

資料

資料のフォローアップ

資料内のSSMを利用して可能な作業について、今後自分も利用すると思うので、ドキュメント部分とコマンド部分をコピペできるように以下にまとめております。

SSMを使って通信確認する。

コマンドの実行(Run Command)> コマンドのドキュメント(Command document) > AWS-RunPowerShellScript 対象選択 Commands

Test-NetConnection <通信先> -Port 80

SSMを使ってWindows ServerへIISをインストールする

コマンドの実行(Run Command)> コマンドのドキュメント(Command document) > AWS-RunPowerShellScript Commands

Add-WindowsFeature Web-Server

SSMを使ってWindows ServerへIISのインストール確認

スライドの画像で手順を見てください。

SSMを使ってIISのlocalhost通信確認

コマンドの実行(Run Command)> コマンドのドキュメント(Command document) > AWS-RunPowerShellScript Commands

Test-NetConnection localhost -Port 80

SSMを使ってWindows Upadate内容確認

コマンドの実行(Run Command)> コマンドのドキュメント(Command document) > AWS-FindWindowsUpdates または、資料の手順でインベントリから確認ください。

SSMを使ってWindows Upadate実行

コマンドの実行(Run Command)> コマンドのドキュメント(Command document) > AWS-InstallMissingWindowsUpdates

参考元

AWS Systems Manager ユーザーガイド

https://docs.aws.amazon.com/ja_jp/systems-manager/latest/userguide/what-is-systems-manager.html

20180725 AWS Black Belt Online Seminar AWS Systems Manager

SSH不要時代がくるか!?AWS Systems Manager セッションマネージャーがリリースされました!

SSH不要時代がくるか!?AWS Systems Manager セッションマネージャーがリリースされました!