アノテーションにジョインしました徳道です

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

はじめまして。2月1日付でアノテーションにインフラメンバーとしてジョインしました徳道圭一(とくみちけいいち)です。

新潟の上越妙高オフィスでふるさと勤務をしております。初日に佐久間オフィスにいないというイレギュラー野郎です。

早く皆様のお役に立てるよう情報をガンガン吸収してきたいと思います。

これまで

 

最初は日立のメインフレームマシンのオペレータから入り、COBOLプログラマをやってました。

このころは横浜にいて、寮生活だったので楽しい思い出がいっぱいです。

新潟に戻ってから7年ほどIT系から遠ざかっていましたが、会社破綻をきっかけにIT系に舞い戻り。

PCヘルプデスクから始まり、ネットワーク・サーバの構築・運用を約8年ほど(実質現場対応は自分無双)。

その間つい最近まで一人でPCヘルプも兼任。

客先での常駐でしたが、そこは1500人規模の大工場・・・もちろんコールは毎日・・・お察しください。

ここ数年はすっかりインフラ構築も落ち着いて、技術的に目新しいことを吸収することもなくなってきていた時に転機が訪れ、

新しいことができないか、と思っていたところ、さる方のつてでアノテーションにジョインさせていただくことになりました。

これから

幸いにもふるさと勤務で、これまでの経験を活かした業務ができる、そしてクラウドで加速度的に広がっていく世界を

その先端で見ていくことができる、技術者としては最高の環境です。

インフラはこれまではどちらかというと保守的な技術を求められがちでしたが、クラウドでのサーバレス化やIoT化がどんどん進み、

この先の10年はこれまでの20年よりも変化がずっと大きいんじゃないか、と思っています。

その変化の世界を、皆さんとともに見て経験して吸収していくことが喜びです。

これからはIT推進室でご厄介になりますので、もしかすると名前を見ることがあるかもしれません。

その際はよろしくお願いいたします。