Johnny-Five で Genuino 101 ことはじめ

この記事は公開されてから1年以上経過しています。情報が古い可能性がありますので、ご注意ください。

johnny-five

車輪開発大好きおたいがです。こんにちは。( 挨拶 )

今回は Genuino 101 ( 以下 Genuino ) を、JavaScript ロボティクス & IoT プラットフォームである Johnny-Five から制御するまでの手順をまとめました。

動作環境・道具など

  • Genuino 101
  • USB ケーブル
  • 3mm LED ( 2 本足 )
  • Windows 7 Pro (64bit)
  • Arduino IDE 1.6.9 ( セットアップ記事を参考にしてください )
  • Node.js v4.4.7

サンプルスケッチ ( プログラム ) をボードに書き込む

Arduino IDE の [ファイル] → [スケッチの例] → [Firmata] → [StandardFirmata] を展開して、Genuino に書き込みます。Firmata とは、PC とマイコン ( 本記事では Genuino ) を通信するための汎用プロトコルで、任意のソフトウェアで動作するように意図されています。( 出典 : http://www.firmata.org/wiki/Main_Page )

genuino_j5_001

Johnny-Five 実行用のサンプルプロジェクト作成および実行

Johnny-Five の導入および実行するためのプロジェクトを用意します。任意のプロジェクトディレクトリを作成して移動したあとに、下記コマンドを入力します。

package.json の初期化

$npm init

Johnny-Five のダウンロード

$npm install johnny-five

サンプルコードの作成

var five = require('johnny-five');

 // Genuino が接続されているポート番号 ( `/dev/tty*` (Mac/Linux) or `COM*` (Windows) )
var board = new five.Board({ 'port': 'COM8' });
board.on('ready', function() {
  var led = new five.Led(13);
  led.blink();
});

上記コードは、LED を点滅させるサンプルです。Board クラスのインスタンスを生成して、スタンバイしたタイミングで Led クラスのインスタンスを生成して点滅さていせます。この Board クラスの初期化時における注意点ですが、明示的にポート名を指定しないと正しく動かない環境があるようです。( 私の環境では動きませんでした )

サンプルコードの実行

$node index.js

以上で Genuino が L チカすることが確認できます。

genuino_j5_002