【毎週開催】メソドロジック社共催!イチから始めるデータ活用!8週連続ウェビナー

セミナー概要

クラスメソッド株式会社と株式会社メソドロジックの両社はパートナーシップを締結し 『データ活用支援サービス』によってお客様の契約と問い合わせ先を一本化し、データ活用基盤の構築から運用保守までワンストップに対応します。
データ活用基盤の要件定義、コンサルティング、構築、運用保守、さらに事業の成長にデータを活用するための組織作りから人材の育成まで、データ活用に必要なものを一気通貫で提供します。

本セミナーでは『データ活用支援サービス』のリリースに伴い、データ活用支援サービスについての概要ならびに各SaaS製品について8週連続でご紹介いたします。

お申し込みはこちら

こんな方におすすめです

  • データ分析基盤をSaaSを利用して作りたい方
  • データ分析系のSaaSを知りたい方
  • 名前は聞いたことあるけど、改めてサービスについて聞いてみたい方
  • データ活用基盤を構築したいが、何から実施していくべきなのかわからない方
  • 組織や体制をどうすればよいか、データエンジニア、データサイエンティスト、データスチュワードの役割がわからない方
  • データガバナンス、データマネジメントを実現するソリューション、ツールは何を選定すればよいのかわからない方
  • 自社にもっとも適合しているのか、検証をしてみるにしてもどう進めればよいのかがわからない方

開催概要

日時 2024年2月20日(火)~2024年4月10日(水)毎週開催
各回:16:00〜17:00(接続開始15:50)
場所 ウェビナー方式
参加費 無料
主催 クラスメソッド株式会社
共催 株式会社メソドロジック

各回テーマ

  • 1日目:2月20日(火)- イチから学ぶデータメッシュによるデータガバナンス ※お申し込みは締め切りました
  • 2日目:2月28日(水)- イチから学ぶSnowflake ※お申し込みは締め切りました
  • 3日目:3月6日(水)- イチから学ぶDatabricks
  • 4日目:3月13日(水)- イチから学ぶImmuta
  • 5日目:3月21日(木)- イチから学ぶFivetran
  • 6日目:3月28日(木)- イチから学ぶdbt
  • 7日目:4月3日(水)- イチから学ぶHightouch
  • 8日目:4月10日(水)- イチから学ぶLooker

ご紹介するSaaS製品について

  • Snowflake
    クラウド向けに構築された唯一のデータウェアハウス(DWH)サービスです。独自のアーキテクチャを採用することで、従来型のDWHでは対応できなかった圧倒的パフォーマンス最大化、シンプルな操作、無制限の同時処理を実現します。
  • Databricks
    データとAIを融合し活用するためのデータインテリジェンスプラットフォームです。
    「ハイパフォーマンス」「ローコスト」「ガバナンス」に強みを持ち、データの取り込みから分析までのプロセスを手軽に一元化し、分析結果をダッシュボードやレポートの形で可視化することができます。
  • Immuta
    クラウドデータウェアハウス(DWH)へのアクセス制御プラットフォームを提供しています。
    「機密データの検出」「セキュリティとアクセス制御」「アクティビティの監視」の機能によってデータセキュリティの向上と操作の簡略化も見込め、適切なデータを適切なメンバーに提供出来るようになります。Immutaはクラウド環境にシームレスに統合出来るように設計されており、主要なクラウドベンダーとのネイティブな統合が可能です。
  • Fivetran
    自動でデータパイプラインを構築するSaaS型のクラウドサービスです。
    セットアップは5分で完了、メンテナンスや細かい設定も不要でスキーマは事前に定義されているのでコーディングも不要です。
    SalesforceやMarketo、Zendeskなど450以上のサービス・データベースのコネクターを使ってデータ分析基盤(データウェアハウス、レイクハウス)にデータを集約することができます。
  • dbt Cloud
    クラウド型データウェアハウス(DWH)におけるデータ変換に特化したツールです。
    シンプルなSQL文による操作、データモデル依存関係などの可視化、データ変換処理のバージョン管理、テストと実行スケジューリングなど、クラウドDWH上でのデータ変換処理をより高速かつ高品質に行えるようにすることが可能です。
  • Hightouch
    データウェアハウスからのデータを、ビジネスを動かすSaaSツールに同期するクラウドサービスです。
    ビジネスツールからデータウェアハウスにデータを集める通常のETLとは、逆方向の処理を行うことから「Reverse ETL」と呼ばれ、データウェアハウスで分析をした結果を、再びビジネスツールに同期します。
  • Looker
    Google Cloudが提供するLookerはデータドリブンな意思決定をする上で必要なデータ探索・共有・洞察を提供するためのBI機能を兼ね備えた次世代型データプラットフォームです。
    クラウドやオンプレミスにおかれた多種多様なデータベースからデータをクラウドSQLデータベースに取り込み、そこにLookerを接続することでデータを移動することなくリアルタイムな分析、可視化、情報連携が可能です。

タイムスケジュール

時間 内容
16:00~16:15 各回、データ活用支援サービスのご紹介
16:15〜16:40 各回、テーマ別のSaaSのご紹介
16:40〜17:00 質疑応答

ご受講方法

  • 本セミナーではZoomを使用します。
  • ウェビナーの参加URLは開催前日にメールでお知らせします。
  • Zoomの接続テストは こちらからご利用いただけます。
  • ミーティングのIDやパスワードは、第三者には共有しないでください。
  • 1社さまあたりの人数制限は設けておりませんが、受講される際はそれぞれお申込ください。
  • 出欠確認を行いますので、名前はフルネーム(例:暮州太郎/Taro Kurasu)等での参加をお願いします。なお、お名前は他の受講者様にはわかりません。
  • 本セミナーは登壇者側からの一方向配信になりますので、カメラ/音声はオンにできない設定で開催いたします。

お申し込みフォーム

※個人およびフリーランスの方、弊社が競合と判断した企業様からのお申し込みはお断りをさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。