【登壇資料】 『描画とビジネスをクリーンに分ける』iOSの設計について話してきました #cm_osaka

はじめに

960x4001

こんぬづは、 Swiftのアツさを語る! 〜AKIBA.swift in Osaka〜 の開催から一夜明けた今日、京都に生の京都弁を聞き探しに行く決意をした田中です。

今記事はイベントでスピーカーとして参加させていただきいたので、そのレポートになります。

当日のつぶやきはtogetterにまとめられていますので、こちらを合わせてお読みいただけると、よりイベントの様子が伺えます!

描画とビジネスをクリーンに分ける

クラスメソッドにJoinして1年が経過して、それから設計について考えてきたことについて以下のアジェンダで話しました。

  • ハッカソンにおけるアーキテクチャとMVAの話
  • MVPの紹介
  • 設計というものについて

Minimum Viable Architectureという言葉の説明、それを探し、見極めるためにはどうしていけばよいか。チームで設計を決める上でどうすべきか。設計というもの自体に対して自分がどう考えているかなどについて話しました。

最後に

セッション終了後は立食形式による懇親会が実施されました。関西のiOS事情や設計に関する話を共有しあうことができて、個人的にもとても有意義な会となりました!

3/24から始まった全7回勉強会も次回が折り返しですが、次回の Go&Elixir 会を始め、興味深いコンテンツを引き続きお届けいたしますので、ふるってご参加下さい!