【WWDC参加者必見!】参加者同士の位置情報を共有してくれる WWDC.family の紹介 #WWDC2017 #WWDC17

はじめに

Good morning!!! 航空機内ではひたすら映画 『君の名は。』 を見ていた田中です。三葉ちゃんの赤面喜び泣き顔が可愛すぎるんだよなぁ。

さて今回の記事は WWDC.family というOSSがWWDC参加者に便利そうなので紹介します!

WWDC.familyとは

登録した人同士の位置情報を見ることのできるアプリです。iOS開発者の間ではお馴染みとなりつつある、fastlaneの作者であるKrause氏が作者です。ちなみにこのアプリ、 ReactNative で作られています。

IMG_7830

WWDC.family に期待できる効果は以下が考えられます。

  • 待ち合わせに便利
  • 参加者同士のコミュニケーションの活発化

インストール・登録のための3ステップ

1. WWDC.family のサイトからTestFlightの配信先のメールアドレスを登録する

WWDC.family はサイトが開設されており、そこから登録をすることができます。

サイト内の Register here からメールアドレスを入力します。

WWDC_family_-_An_easy_way_to_connect_with_fellow_developers_during_WWDC

スクリーンショット 2017-06-03 11.04.01

2. TestFlight からアプリをインストールする

登録したメールアドレスにアプリ招待のメールが届くので、そのメールを経由して TestFlight から WWDC.family をインストールします。

IMG_7831

IMG_7832

TestFlight がインストールされていない場合は招待メールからApp Storeに遷移してインストールすることができます。

3. アカウント登録

アプリを起動すると、登録/ログイン画面が表示されるので、メールアドレス/パスワードを入力して Register ボタンを押します。

IMG_7835

登録が完了するとTwitterのScreenName(@マーク以下の文字列)を求められるので、それを入力すると登録が完了します。

IMG_7834

さいごに

この記事では WWDC.family とそれを利用するための方法について紹介しました。

WWDC.family は参加者同士のコミュニケーションの活発化や、待ち合わせなどに役立つでしょう。まだインストールしていない方はぜひインストールして使ってみましょう!