WordPressの記事でも手軽にリンクをカード型にデザインできるEmbedlyを試してみた

はじめに

リンクをYouTubeやTwitter埋め込みみたいにカッコよくしたい

とWordPressで記事を推敲していて思いました。HatenaBlog等にてリンク挿入時にリンク先ページのサムネイル等も表示されると、お手軽バッチリな見栄えになるところが嬉しかったりします。

余り手間を掛けたくないこともあり、以下の条件で調べてみました。

  • 該当ページ上で実行すると出来上がる程度のお手軽さ
  • 延々とJavaScriptを貼り付けなくていい
  • 多少のAdは構わないので無料で利用できるもの

結果、この条件にマッチするEmbedlyを見つけたので紹介してみます。

Embedlyとは

リンクしたいURLに対してデザイン等を通してアクセシビリティの追加と、ビジターの解析を行っているサービスです。

利用できるプランは3つに分かれています。

プラン名 料金 機能 制約
Free $0 固定サイズのカード型リンク / SNSへのShareボタン 右下に固定ADS
Cards $9 広告なし / メールサポート有り/ JavaScriptSDK
API $99 API / 広告なし / メールサポート有り/ JavaScriptSDK

カード型リンクにしてみたい、という程度であればFreeプランでも問題はなさそうです。

Freeプランでの使い方

一番手軽なブックマークレットがオススメです。

カード型リンクを作成したいサイト上でブックマークレットを実行します。

あとはHTMLを貼り付けると以下のような表示になります。

まとめ

全く異なる記事執筆中に「リンク先についても説明含めてカード型にした方がわかりやすいだろうか」とふと思い、出来るだけ楽に実現出来る方法を探した結果となりました。

Pz-LinkCardプラグインにて同等の機能が実現できますが、PVが大きいブログでは処理の負荷を考えると難しい要望とも言えます。

独自ブログを運用している場合にリンクのデザインと詳細なアナリティクスが気になる方にはおすすめです。