[AIR for iOS] CameraRoll の初期表示位置

今までは、AIR for iOSで書き出されたiPadアプリでは、CameraRoll の表示位置が指定できませんでした。
表示位置は、(0,0)になってしまい、これはアプリの審査にも影響ありました。

AIR 3 RC では、CameraRoll の表示位置が指定できるようになりました。
flash.media.CameraRollBrowseOptionsを利用して初期表示情報を指定します。

var op:CameraRollBrowseOptions = new CameraRollBrowseOptions();

//CameraRollの初期表示位置を決めるための領域の指定
op.origin = new Rectangle(10,10,1,1); 

//CameraRollの幅の指定
op.width = 320; 

//CameraRollの幅の指定
op.height = 480;

//引数に指定
cameraRoll.browseForImage(op);


下記は、座標を入力してカメラロールを表示するサンプルです。
赤い四角は、初期表示位置を決めるための領域です。
各パラメーターを変更してどのように表示されるか試してください。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<s:View xmlns:fx="http://ns.adobe.com/mxml/2009" 
        xmlns:s="library://ns.adobe.com/flex/spark" title="HomeView">
    
    <fx:Script>
        <![CDATA[
            public var cameraRoll:CameraRoll;
            
            protected function button1_clickHandler(event:MouseEvent):void
            {
                if( cameraRoll == null ){
                    cameraRoll = new CameraRoll();
                }
                
                var op:CameraRollBrowseOptions = new CameraRollBrowseOptions();
                
                var xVal:int = parseInt(xx.text);
                var yVal:int = parseInt(yy.text);
                var wVal:int = parseInt(ww.text);
                var hVal:int = parseInt(hh.text);
                var w1Val:int = parseInt(ww1.text);
                var h1Val:int = parseInt(hh1.text);
                
                op.origin = new Rectangle(xVal,yVal,wVal,hVal);
                op.width = w1Val;
                op.height = h1Val;
                    
                cameraRoll.browseForImage(op);
            }
        ]]>
    </fx:Script>
    
    <fx:Declarations>
        <!-- 非ビジュアルエレメント (サービス、値オブジェクトなど) をここに配置 -->
    </fx:Declarations>
    <s:actionContent>
        <s:Button click="button1_clickHandler(event)"/>
    </s:actionContent>
    <s:layout>
        <s:VerticalLayout/>
    </s:layout>
    <s:TextInput id="xx" text="100"/>
    <s:TextInput id="yy" text="100"/>
    <s:TextInput id="ww" text="100"/>
    <s:TextInput id="hh" text="100"/>
    <s:TextInput id="ww1" text="100"/>
    <s:TextInput id="hh1" text="100"/>
</s:View>