Alteryx 2020.2新機能 : 機械学習・非構造化データの解析が加速するIntelligence Suiteがデビューしました

こんにちは、小澤です。

2020/6/3にAlteryxの最新バージョン2020.2がリリースされました。

今回は、2020.2より新たにAlteryx Designerのアドオンとして製品群に仲間入りしたIntelligence Suiteの紹介をします。

Alteryx DesignerのアドオンとIntelligence Suite

Alteryxにおいて一番最初に使うことになる最も基本的な製品はAlteryx Desginerです。 Alteryxの利用において中心となる分析処理内容を記述したワークフローを作成するのはこのDesignerを利用することになります。

このAlteryx Designerにはいくつかアドオン形式で追加して利用可能な機能が存在します。 ワークフローをコマンドからやスケジュール実行可能にするAutomationや分析に便利な各種データを含むパッケージなどです。 今回の2020.2からは新たにそのアドオンに加わったのがIntelligence Suiteです。

Intelligence Suiteを利用することで、Alteryx Designer上のツール一覧で、「Machine Learning」カテゴリと「Text Mining」カテゴリが解禁されます。

それぞれ、どのようなことができるのか紹介していきます。

Machine Learning

Machine Learningカテゴリでは、機械学習を実行するためのワークフロー作成をステップバイステップで作成可能なAssisted Modelingという機能が利用できます。

このカテゴリにはいくつかツールがあります。 これらを使ったワークフローはAssisted Modelingの機能によって自動的に作成されるため、 機械学習で必要な処理をすべて自力で実装する必要はありません。

もちろん、機械学習について十分な理解のある人であれば通常のワークフロー作成時と同様、1つ1つ自力で実装していくことも可能です。

Text Mining

Text Miningカテゴリは先ほどのAssisted Modelingとは異なり、個別で様々な機能を提供するものとなります。 これらは構造化されていないテキストデータに対する自然減処理の機能を提供するものになります。

このカテゴリには以下のツールが含まれています。

ツール 機能
PDF Input PDFファイルを画像として読み込みます
Image To Text 画像から文字を抜き出すOCR機能
Image Template PDFの一部の領域を指定して文字列や画像として取り出す範囲を指定。Image To Textと組み合わせて利用
Text Pre-processing 単語の時制などの変化を原型に戻したり記号など不要なものを取り除くなど、文字列に対する前処理を行う
Sentiment Analysis 文章がポジティブかネガティブかの感情分析を行う
Topic Modeling 複数の話題を扱った複数の文章に対してどのトピックを扱っているかを分析
Word Cloud 頻出単語ほど大きく表示されるワードクラウドを作成する

自然言語を扱う際には、対象となる言語に依存した処理が必要になることが多々あります。 それらは処理を行う際の"難しさ"にも影響を与えるため、ツールによって対応している言語の範囲が異なります。 バージョン2020.2現在、日本語には未対応のものもある点はご注意ください。

おわりに

今回は、Alteryx 2020.2からアドオン機能として追加されたIntelligence Suiteの概要を紹介しました。 Alteryxはデータ分析のためのツールであることから、元より様々な分析のための機能が提供されていましたが、 Intelligence Suiteの追加によってさらにその幅が広がっていくでしょう。

Alteryxの導入なら、クラスメソッドにおまかせください

日本初のAlteryxビジネスパートナーであるクラスメソッドが、Alteryxの導入から活用方法までサポートします。14日間の無料トライアルも実施中ですので、お気軽にご相談ください。

alteryx_960x400