Alteryx 2020.3 新機能:Snowflake Bulk Loader の内部ステージをサポートしました

2020.09.08

こんにちは、スズです。

現地時間2020年9月1日にAlteryx 2020.3がリリースされました。当ブログでは以下のエントリでアップデートのまとめをお伝えしています。

今回は2020.3のアップデートの中から、Alteryx Designerの新機能、Snowflake Bulk Loader の内部ステージをサポートについてご紹介します。

前提条件

Alteryx Designerの環境

本エントリの執筆には以下の環境を使用しています。

  • Windows 10 Pro
  • Alteryx Designer 2020.3 Admin 日本語版

ODBCの設定

Alteryx DesignerからSnowflakeへの接続にはODBCを使用します。以下のドキュメントからWindows用のインストーラを入手しています。なお、今回はsnowflake64_odbc-2.21.8.msiを利用しています。

なお、Alteryxのヘルプを参照すると、ドライバは2.20.1をサポートしている旨が記載されております。今回は、2020年9月8日現在、Snowflakeのドキュメントからダウンロードできるドライバを使用しています。

Bulk write support is only available for in-database workflows, with support for the Snowflake driver 2.20.1. Snowflake | Alteryx Help

ODBCには、User、Server、Database、Schema、Warehouse、Roleを設定しています。

内部ステージを使ってバルクロード

データ出力ツールを使って、データをSnowflakeにバルクロードを試してみます。データ出力ツールの接続先として、Snowflakeバルクを選択します。

Snowflakeバルク接続の画面では、ユーザーパスワードのほか、ステージングメソッドからユーザーステージテーブルステージ内部名前付きステージのいずれかを選択します。内部名前付きステージを選択する場合は、事前にSnowflake側で名前付きステージを作成しておきます。

データの出力先になるテーブルを入力します。

データ出力ツールの設定画面を確認します。今回、テーブルは新しく作成しますので、出力オプションは新しいテーブルを作成するを設定しています。

ワークフローを実行、正常に完了しました。

Snowflakeを確認すると、指定したデータベースに新しくテーブルが作成されています。

テーブルを見てみると、データが出力されていることが確認できました。

さいごに

Alteryx Designer 2020.3の新機能、Snowflake Bulk Loader の内部ステージをサポートについてご紹介しました。

参考