[Amazon Connect] コンタクトフローで、切り取り、コピー、ペーストが使えるようになりました

Amazon Connectでは、色々な動作をコンタクトフローで非常に簡単に作成できますが、切り取り、コピー、ペーストができるようになった事で、作業は、より一層捗りそうです。
2020.08.18

1 はじめに

CX事業本部の平内(SIN)です。

昨日、Amazon Connectのコンタクトフローデザイナーで、切り取り、コピー、貼り付けができるようになったとアナウンスがありました。
https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2020/08/amazon-connect-adds-cut-copy-paste-to-contact-flow-designer/

MacOSで利用する場合は、以下のショートカットキーになります。

  • ブロックの選択: Cmdを押しながらブロックをクリック
  • コピー:Cmd+C
  • ペースト:Cmd+V
  • 切り取り:Cmd+X

2 属性コピー

コピーでは、設定された属性もそのままコピーされますので、同じようなブロックを多数設定する場合、作業が捗りそうです。

3 フロー間のコピー

コピー&ペーストは、別のコンタクトフローでも有効です。

  • コピーしたいブロックを選択してCmd+C(コピー)

  • 別のフローでCmd+V(ペースト)

全てのブロックをコピーした場合、エントリーポイントと繋ぐだけで同じ内容のフロートになります。

元々、フローのエクスポート(ベータ)とインポート(ベータ)があるので、フローごと複製するのは可能でしたが、機能ブロックをコピーできるのは、便利かもしれません。

4 その他

(1) Undo機能はありません

コピー&ペーストで作業していると、やり直し的な意味で、Undoを使いたくなるところですが、現在、Undo機能は無いようです。

(2) エントリーポイントは対象外

エントリーポイントも選択状態になりますが、コピー、ペーストの対象にはなっていないようです。

5 最後に

Amazon Connectでは、色々な動作をコンタクトフローで非常に簡単に作成できますが、切り取り、コピー、ペーストができるようになった事で、作業は、より一層捗りそうです。