Amazon ECR Publicからmackerel-container-agentを取得出来るようになりました #mackerelio

2020.12.14

こんにちわ、札幌のヨシエです。

只今、AWS re:inventが盛り上がってますね。
そんな中でAWSのコンテナサービスの一部であるECR Publicと呼ばれるコンテナレジストリにて
mackerel-container-agentが公開されました。

mackerel-container-agentをAmazon ECR publicで公開しました - Mackerel ブログ #mackerelio

ECR Publicについては以下のブログをご参照ください。
ECRをパブリックレジストリとして利用可能になりました! #reinvent | Developers.IO

やっていきます

ひとまずはmackerel-container-agentを取得するURLを確認します。

mackerel-container-agent

ECSタスク定義からコンテナイメージ配置場所を修正します。
これまでは下図のようにmackerel/mackerel-container-agent:latestを指定しておりました。

今回のECR Publicを使う時はpublic.ecr.aws/mackerel/mackerel-container-agent:pluginsを指定しました。
※もちろん環境変数は変更してません

ちゃんと起動してくれました。

これで高頻度のデプロイによってDocker HubのPull制限による影響を懸念したユーザー不安も少なくなる形になりました。