1PasswordでBasic認証の自動入力ができるのか試してみた

結論:できました
2021.08.06

こんにちは、CX事業本部 IoT事業部の若槻です。

以前に開発環境で使うWebサイトにBasic認証をかける方法をご紹介しました。

今回は、このBasic認証がかかったWebサイトのログイン情報を1Passwordで自動入力できるのか試してみました。

1Passwordとは

1Passwordとは、クラウド管理のパスワードマネージャーで、弊社では全社的に導入し、各社員が自分の各種Webサービスなどのログイン情報を1Passwordを使用してセキュアに管理しています。

また1Passwordにはブラウザ拡張機能があり、これを使用することによりWebサイトのログインフォームにIDやパスワードの情報を数クリックだけで自動入力をさせられて便利です。

今回はこの1Passwordのブラウザ拡張機能でBasic認証のログイン情報を自動入力できないかと考えました。

環境

準備

1Passwordにログイン情報としてBasic認証の「ユーザー名」、「パスワード」およびログイン画面の「URL」を指定して登録します。

自動入力ポップアップは出てこない

Webサイトのログイン画面のURLにGoogle Chromaでアクセスします。

すると下記のようなプロンプトが出てBasic認証が求められます。しかし、入力欄にフォーカスをしても1Passwordの自動入力ダイアログは出てきませんでした。

(Basic認証の画面)

フォーム認証であれば下記のように1Passwordのポップアップが表示され、該当のログイン情報をクリックすると自動入力ができます。

(フォーム認証の画面)

探してみると下記のツイートを見つけました。Basic認証のプロンプト表示時は1Passwordのポップアップをアクティブにできないとのことです。

Chrome拡張を手動で起動すれば自動入力は行える

一方で、Chrome拡張を手動で起動すれば自動入力は行えました。

Basic認証のプロンプトが表示された状態で、1Passwordの拡張アイコンをクリックして起動し、Webサイトのログイン情報で[自動入力]をクリックすると、ユーザー名とパスワードの入力と決定が自動で行われ、Basic認証を行うことができました。

おわりに

1PasswordでBasic認証の自動入力ができるのか試してみました。

当初想定していた方式とは違いましたが、結果として自動入力が出来たので良かったです。

以上