[アップデート] AWSのAPIでAmazon FSx for NetApp ONTAPのボリュームのタイプとスナップショットポリシーを指定できるようになりました #reinvent

AWSから操作できることが増えるのは素直に嬉しいね
2022.11.30

AWSのAPIでもっとFSx for ONTAPの操作をしたいな

こんにちは、のんピ(@non____97)です。

皆さんは皆さんはAWSのAPIでもっとAmazon FSx for NetApp ONTAP(以降FSx for ONTAP)の操作をしたいなと思ったことはありますか? 私はあります。

以下記事で紹介した通り、AWSのAPIから操作できるFSx for ONTAPの操作は限りがあります。

AWSのAPIから操作できないものについては、ONTAP CLIもしくはONTAP REST APIを使って操作することになります。

しかし、AWSのAPIがサポートしなければCloudFormationやシェルスクリプト、AWS SDKを使って自動化することは難しいです。

今回のアップデートでAWSのAPIでFSx forONTAPのボリュームのタイプとスナップショットポリシーを指定できるようになりました。

Change Description Date
Support added for creating DP volumes You can now create DP (data-protection) volumes by using the Amazon FSx console, AWS CLI, or Amazon FSx API. You can use DP volumes as the destination of a NetApp SnapMirror or SnapVault relationship, when you want to migrate or protect a single volume's data. For more information, see Volume types. November 28, 2022
Support added for choosing a snapshot policy You can now choose from three built-in snapshot policies when creating or updating a volume using the Amazon FSx console, AWS CLI, or Amazon FSx API. You can also select a custom snapshot policy that you made in the ONTAP CLI or REST API. For more information, see Snapshot policies. November 28, 2022

少しAWS側から操作できる範囲が増えましたね。

早速使ってみたので紹介します。

いきなりまとめ

  • ボリューム作成時に以下2種類のタイプを選択できるようになった
    1. RW (read-write) : 読み書き可能なボリューム
    2. DP (data-protection) : SnapMirroまたはSnapVaultの送信先ボリュームとして使用する読み取り専用ボリューム
  • ボリュームのタイプを作成後に変更することはできない
  • スナップショットポリシーはFSx for ONTAPファイルシステム上で自分で作成したものも指定できる

ボリュームのタイプとは

ONTAPのボリュームタイプは以下2種類あります。

  1. RW (read-write) : 読み書き可能なボリューム
  2. DP (data-protection) : SnapMirroまたはSnapVaultの送信先ボリュームとして使用する読み取り専用ボリューム

一般的な用途のボリュームはRWを選択します。SnapMirrorの検証をした際の記事は以下です。

気づいたらAWS公式ドキュメントもSnapMirrorを使った移行方法を掲載してくれました。時代が私に追いついてきた感がありますね。

なお、ボリューム作成後にボリュームタイプを変更することはできません。(SnapMirrorのカットオーバーによりDPからRWに変更するのは可能)

スナップショットポリシーとは

スナップショットポリシーとはボリュームのスナップショットを作成するタイミングや保持するスナップショットの数、命名規約を指定するものです。

FSx for ONTAPではデフォルトで以下スナップショットポリシーがあります。

  1. default
    • 毎時5分にスナップショットを作成。最大6世代保持
    • 日時で0:10にスナップショットを作成。最大2世代保持
    • 週次で日曜0:15にスナップショットを作成。最大2世代保持
  2. default-1weekly :
    • 毎時5分にスナップショットを作成。最大6世代保持
    • 日時で0:10にスナップショットを作成。最大2世代保持
    • 週次で日曜0:15にスナップショットを作成。最大1世代保持
  3. none :
    • スナップショットを作成しない

デフォルトではdefaultが割り当たっています。

やってみた

検証環境

実際に試してみましょう。検証環境は以下の通りです。

AWSのAPIでAmazon FSx for NetApp ONTAPのボリュームのタイプとスナップショットポリシーを指定できるようになりましたの検証環境構成図

AD DCについては以下記事の検証で使用したものを流用します。

検証環境で使用するFSx for ONTAPファイルシステムとSVMは以下の通りです。

# FSx for ONTAPファイルシステム
$ aws fsx describe-file-systems
{
    "FileSystems": [
        {
            "OwnerId": "<AWSアカウントID>",
            "CreationTime": "2022-11-30T07:48:20.139000+00:00",
            "FileSystemId": "fs-057bb6afad5d6a27f",
            "FileSystemType": "ONTAP",
            "Lifecycle": "AVAILABLE",
            "StorageCapacity": 1024,
            "StorageType": "SSD",
            "VpcId": "vpc-08b84da1f793ed513",
            "SubnetIds": [
                "subnet-08dc789896a48a3b4"
            ],
            "NetworkInterfaceIds": [
                "eni-06bae9be1eea485d2",
                "eni-0f9c0238fb2e62041"
            ],
            "KmsKeyId": "arn:aws:kms:us-east-1:<AWSアカウントID>:key/365ae19c-8016-4963-9afd-05f703509254",
            "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-1:<AWSアカウントID>:file-system/fs-057bb6afad5d6a27f",
            "Tags": [
                {
                    "Key": "aws:cloudformation:stack-name",
                    "Value": "FsxnStack"
                },
                {
                    "Key": "aws:cloudformation:logical-id",
                    "Value": "FSxforONTAPfilesystem"
                },
                {
                    "Key": "aws:cloudformation:stack-id",
                    "Value": "arn:aws:cloudformation:us-east-1:<AWSアカウントID>:stack/FsxnStack/78cdb890-5423-11ed-81fb-0eac30df53d1"
                },
                {
                    "Key": "Name",
                    "Value": "fsx-for-ontap-file-system"
                }
            ],
            "OntapConfiguration": {
                "AutomaticBackupRetentionDays": 7,
                "DailyAutomaticBackupStartTime": "16:00",
                "DeploymentType": "SINGLE_AZ_1",
                "Endpoints": {
                    "Intercluster": {
                        "DNSName": "intercluster.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com",
                        "IpAddresses": [
                            "10.0.1.100",
                            "10.0.1.125"
                        ]
                    },
                    "Management": {
                        "DNSName": "management.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com",
                        "IpAddresses": [
                            "10.0.1.77"
                        ]
                    }
                },
                "DiskIopsConfiguration": {
                    "Mode": "AUTOMATIC",
                    "Iops": 3072
                },
                "PreferredSubnetId": "subnet-08dc789896a48a3b4",
                "ThroughputCapacity": 128,
                "WeeklyMaintenanceStartTime": "6:17:00"
            }
        }
    ]
}

# SVM
$ aws fsx describe-storage-virtual-machines 
{
    "StorageVirtualMachines": [
        {
            "ActiveDirectoryConfiguration": {
                "NetBiosName": "SVM",
                "SelfManagedActiveDirectoryConfiguration": {
                    "DomainName": "corp.non-97.net",
                    "OrganizationalUnitDistinguishedName": "OU=FSxForONTAP,DC=corp,DC=non-97,DC=net",
                    "UserName": "FSxServiceAccount",
                    "DnsIps": [
                        "10.0.1.10"
                    ]
                }
            },
            "CreationTime": "2022-11-30T08:07:18.268000+00:00",
            "Endpoints": {
                "Iscsi": {
                    "DNSName": "iscsi.svm-036a8896a2b36a1cd.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com",
                    "IpAddresses": [
                        "10.0.1.117",
                        "10.0.1.126"
                    ]
                },
                "Management": {
                    "DNSName": "svm-036a8896a2b36a1cd.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com",
                    "IpAddresses": [
                        "10.0.1.78"
                    ]
                },
                "Nfs": {
                    "DNSName": "svm-036a8896a2b36a1cd.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com",
                    "IpAddresses": [
                        "10.0.1.78"
                    ]
                },
                "Smb": {
                    "DNSName": "SVM.corp.non-97.net",
                    "IpAddresses": [
                        "10.0.1.78"
                    ]
                }
            },
            "FileSystemId": "fs-057bb6afad5d6a27f",
            "Lifecycle": "CREATED",
            "Name": "SVM",
            "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-1:<AWSアカウントID>:storage-virtual-machine/fs-057bb6afad5d6a27f/svm-036a8896a2b36a1cd",
            "StorageVirtualMachineId": "svm-036a8896a2b36a1cd",
            "Subtype": "DEFAULT",
            "UUID": "0c8f34a3-7086-11ed-a102-3371ad725102"
        }
    ]
}

ボリュームの作成

ボリュームの作成から行います。

まず、ボリュームタイプがDPのボリュームを作成します。ボリュームタイプがDPなのでスナップショットポリシーやジャンクションパス、Storage Efficiencyが指定できないですね。

DPのボリューム作成

次にボリュームタイプがRWのボリュームを作成します。スナップショットはDefault-1weeklyを指定しました。

RWのボリュームの作成

作成したボリュームをONTAP CLIで確認します。

# FSx for ONTAPファイルシステムにSSHで接続
> ssh fsxadmin@management.fs-057bb6afad5d6a27f.fsx.us-east-1.amazonaws.com
Password:

This is your first recorded login.
Unsuccessful login attempts since last login: 5

# ボリューム一覧を確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume show
Vserver   Volume       Aggregate    State      Type       Size  Available Used%
--------- ------------ ------------ ---------- ---- ---------- ---------- -----
SVM       SVM_root     aggr1        online     RW          1GB    972.5MB    0%
SVM       dp           aggr1        online     DP          1GB     1023MB    0%
SVM       rw           aggr1        online     RW          1GB    972.5MB    0%

# 各ボリュームのジャンクションパス、タイプ、スナップショットポリシーを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume show -fields snapshot-policy, type, junction-path
vserver volume   junction-path type snapshot-policy
------- -------- ------------- ---- ---------------
SVM     SVM_root /             RW   default
SVM     dp       -             DP   none
SVM     rw       /rw           RW   default-1weekly

# DPのStorage Efficiencyが無効化されていることを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume efficiency show
Vserver    Volume           State     Status      Progress           Policy
---------- ---------------- --------- ----------- ------------------ ----------
SVM        dp               Disabled  Idle        Idle for 00:00:00  -
SVM        rw               Enabled   Idle        Idle for 00:02:58  auto
2 entries were displayed.

ちなみにタイプがDPのボリュームにジャンクションパスを設定することはできません。設定しようとすると以下のように怒られます。

FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume mount -vserver SVM -volume dp -junction-path /dp -active true

Error: command failed: Volume dp in Vserver "SVM" is not mountable until a "snapmirror initialize" has been completed.

また、各ボリュームで変更できる項目は以下の通りです。

  • タイプがDPの場合 DPのボリュームの変更

  • タイプがRWの場合 RWのボリュームの変更

スナップショットポリシーの変更

次にボリュームに割り当てているスナップショットポリシーを変更します。

現在のスナップショットポリシーは以下の通りです。

FsxId057bb6afad5d6a27f::> snapshot policy show
Vserver: FsxId057bb6afad5d6a27f
                         Number of Is
Policy Name              Schedules Enabled Comment
------------------------ --------- ------- ----------------------------------
default                          3 true    Default policy with hourly, daily & weekly schedules.
    Schedule               Count     Prefix                 SnapMirror Label
    ---------------------- -----     ---------------------- -------------------
    hourly                     6     hourly                 -
    daily                      2     daily                  daily
    weekly                     2     weekly                 weekly

default-1weekly                  3 true    Default policy with 6 hourly, 2 daily & 1 weekly schedule.
    Schedule               Count     Prefix                 SnapMirror Label
    ---------------------- -----     ---------------------- -------------------
    hourly                     6     hourly                 -
    daily                      2     daily                  -
    weekly                     1     weekly                 -

none                             0 false   Policy for no automatic snapshots.
    Schedule               Count     Prefix                 SnapMirror Label
    ---------------------- -----     ---------------------- -------------------
    -                          -     -                      -

3 entries were displayed.

新しく5分間隔で6世代保持するスナップショットポリシーを作成します。

# スナップショットポリシーの作成
FsxId057bb6afad5d6a27f::> snapshot policy create -policy snapshot_policy_every_5_min -enabled true -schedule1 5min -count1 6 -prefix1 every_5_min

# 作成されたスナップショットポリシーの確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> snapshot policy show -policy snapshot_policy_every_5_min
Vserver: FsxId057bb6afad5d6a27f
                         Number of Is
Policy Name              Schedules Enabled Comment
------------------------ --------- ------- ----------------------------------
snapshot_policy_every_5_min      1 true    -
    Schedule               Count     Prefix                 SnapMirror Label
    ---------------------- -----     ---------------------- -------------------
    5min                       6     every_5_min            -

それでは、こちらのスナップショットポリシーをボリュームに適用します。

ボリュームを選択してアクション-ボリュームを更新をクリックします。スナップショットポリシーでカスタムポリシーを選択し、テキストエリアに先ほど作成したスナップショットポリシーを入力します。

スナップショットポリシーの変更

適用後、AWS CLIからボリュームの状態を確認します。

$ aws fsx describe-volumes \
    --volume-ids fsvol-038052dda88b09f15
{
    "Volumes": [
        {
            "CreationTime": 1669796577.333,
            "FileSystemId": "fs-057bb6afad5d6a27f",
            "Lifecycle": "CREATED",
            "Name": "rw",
            "OntapConfiguration": {
                "FlexCacheEndpointType": "NONE",
                "JunctionPath": "/rw",
                "SecurityStyle": "NTFS",
                "SizeInMegabytes": 1024,
                "StorageEfficiencyEnabled": true,
                "StorageVirtualMachineId": "svm-036a8896a2b36a1cd",
                "StorageVirtualMachineRoot": false,
                "TieringPolicy": {
                    "CoolingPeriod": 31,
                    "Name": "AUTO"
                },
                "UUID": "41a51a58-7088-11ed-a102-3371ad725102",
                "OntapVolumeType": "RW",
                "SnapshotPolicy": "snapshot_policy_every_5_min",
                "CopyTagsToBackups": false
            },
            "ResourceARN": "arn:aws:fsx:us-east-1:<AWSアカウントID>:volume/fs-057bb6afad5d6a27f/fsvol-038052dda88b09f15",
            "VolumeId": "fsvol-038052dda88b09f15",
            "VolumeType": "ONTAP"
        }
    ]
}

SnapshotPolicysnapshot_policy_every_5_minになっていますね。

ONTAP CLIからもスナップショットポリシーがこちらのボリュームに適用されていることを確認します。

FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume show -fields snapshot-policy
vserver volume   snapshot-policy
------- -------- ---------------
SVM     SVM_root default
SVM     dp       none
SVM     rw       snapshot_policy_every_5_min
3 entries were displayed.

マネジメントコンソールから指定したスナップショットポリシーがボリュームに適用されていることが分かります。

また、スナップショット一覧を確認すると、5分間隔で指定したスナップショットが作成されているのが確認できました。

FsxId057bb6afad5d6a27f::> snapshot show -volume rw
                                                                 ---Blocks---
Vserver  Volume   Snapshot                                  Size Total% Used%
-------- -------- ------------------------------------- -------- ------ -----
SVM      rw
                  every_5_min.2022-11-30_1750              164KB     0%   46%
                  every_5_min.2022-11-30_1755              168KB     0%   46%
2 entries were displayed.

スナップショットのリストア確認

アップデートの確認は以上ですが、せっかくなのでスナップショットからファイルをリストアできることを確認します。

まず、cifs-shareというCIFSファイル共有を作成します。

# CIFSファイル共有を作成
FsxId057bb6afad5d6a27f::> cifs share create -vserver SVM -share-name cifs-share -path /rw

# CIFSファイル共有が作成されたことを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> cifs share show
Vserver        Share         Path              Properties Comment  ACL
-------------- ------------- ----------------- ---------- -------- -----------
SVM            c$            /                 oplocks    -        BUILTIN\Administrators / Full Control
                                               browsable
                                               changenotify
                                               show-previous-versions
SVM            cifs-share    /rw               oplocks    -        Everyone / Full Control
                                               browsable
                                               changenotify
                                               show-previous-versions
SVM            ipc$          /                 browsable  -        -
3 entries were displayed.

作成されたCIFSファイル共有をAD DCのZドライブにマウントし、適当にファイルを作成します。

# 作成されたCIFSファイル共有をZドライブにマウント
> net use Z: \\SVM.corp.non-97.net\cifs-share
The command completed successfully.

# マウントされていることを確認
> Get-PSDrive

Name           Used (GB)     Free (GB) Provider      Root                                               CurrentLocation
----           ---------     --------- --------      ----                                               ---------------
Alias                                  Alias
C                  15.40         14.60 FileSystem    C:\                                            Users\Administrator
Cert                                   Certificate   \
Env                                    Environment
Function                               Function
HKCU                                   Registry      HKEY_CURRENT_USER
HKLM                                   Registry      HKEY_LOCAL_MACHINE
Variable                               Variable
WSMan                                  WSMan
Z                   0.00          0.95 FileSystem    \\SVM.corp.non-97.net\cifs-share

# 書き込みができることを確認
> echo "test1" > Z:\test.txt

# 読み込みができることを確認
> ls Z:\


    Directory: Z:\


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        11/29/2022  11:10 PM             16 test.txt


> cat Z:\test.txt
test1

マウント及びテキストファイルの作成を行いました。

スナップショットが取得されるまで少し待ちます。

スナップショットが作成される時間になったら作成したファイルを削除します。

# ファイルを削除
> rm Z:\test.txt

# ファイルが削除されていることを確認
> ls Z:\

その後エクスプローラーでZドライブを開き、右クリックしてプロパティのPrevious Versions(以前のバージョン)を選択すると、5分間隔で作成されたバージョン一覧を確認できました。スナップショットが積もり積もっていますね。ここから確認できるのはCIFSファイル共有のプロパティでshow-previous-versionsが付与されているためです。

スナップショットが作成されていることを確認

最新のバージョンを開くと、削除したテキストファイルを確認できました。

スナップショットにファイルが含まれることを確認

こちらのファイルをリストアしましょう。リストアしたいバージョンを選択してRestoreをクリックします。

Restore

刻を戻しても良いか確認されるので、Restoreをクリックします。

Restoreの確認

以前のバージョンへのリストアが成功したとメッセージが表示されることを確認します。

Restore成功メッセージ

テキストファイルがリストアされていることを確認します。

> ls Z:\


    Directory: Z:\


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        11/29/2022  11:10 PM             16 test.txt

確かにリストアされていますね。

スナップショットディレクトリの確認

次にスナップショットディレクトリを確認しましょう。

PowerShell上ではZ:\.snapshotZ:\~snapshotどちらの指定方法でもスナップショットディレクトリにアクセスできました。

> ls Z:\.snapshot


    Directory: Z:\.snapshot


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1755
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1800
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1805
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1810
d-----        11/29/2022  11:10 PM                every_5_min.2022-11-30_1815
d-----        11/29/2022  11:16 PM                every_5_min.2022-11-30_1820


> ls Z:\~snapshot


    Directory: Z:\~snapshot


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1755
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1800
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1805
d-----        11/29/2022  10:23 PM                every_5_min.2022-11-30_1810
d-----        11/29/2022  11:10 PM                every_5_min.2022-11-30_1815
d-----        11/29/2022  11:16 PM                every_5_min.2022-11-30_1820


> ls Z:\.snapshot\every_5_min.2022-11-30_1815


    Directory: Z:\.snapshot\every_5_min.2022-11-30_1815


Mode                 LastWriteTime         Length Name
----                 -------------         ------ ----
-a----        11/29/2022  11:10 PM             16 test.txt

CIFSファイル共有のプロパティでshowsnapshotを設定していないにも関わらずアクセスできましたね。

エクスプローラーからもスナップショットディレクトリにアクセスできるか確認してみます。確認したところZ:\.snapshotZ:\~snapshotどちらもアクセスできませんでした。

エクスプローラーからはスナップショット領域が拒否される

エクスプローラーからはスナップショット領域が拒否される2

PowerShellからはアクセスできて、エクスプローラーからはアクセスできないというのは要注意ですね。

試しにCIFSファイル共有のプロパティでshowsnapshotを設定します。

# CIFSファイル共有のプロパティに showsnapshot を追加
FsxId057bb6afad5d6a27f::> cifs share properties add -share-name cifs-share -share-properties showsnapshot

# showsnapshot が追加されたことを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> cifs share properties show
Vserver           Share                      Properties
----------------  -------------------------  -----------------------------
SVM               c$                         oplocks
                                             browsable
                                             changenotify
                                             show-previous-versions
SVM               cifs-share                 oplocks
                                             browsable
                                             showsnapshot
                                             changenotify
                                             show-previous-versions
SVM               ipc$                       browsable
3 entries were displayed.

この状態で再度エクスプローラーからスナップショットディレクトリにアクセスしてみます。すると、Z:\.snapshotにはアクセスできませんでしたが、Z:\~snapshotにはアクセスできるようになりました。

showsnapshotを付与しても変わらない

showsnapshotを付与すると~snapshotはアクセスできる

スナップショットディレクトリにアクセスできないようにする

場合によってはスナップショットディレクトリを見せたくないこともあると思います。そのような場合はCIFSファイル共有ではなく、ボリュームで制御します。具体的にはsnapdir-accessfalseにします。

[-snapdir-access {true|false}] - Snapshot Directory Access Enabled

This optionally specifies whether clients have access to .snapshot directories. The default setting is true .

volume modify

# 現在の設定を確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume show -volume rw -fields snapdir-access
vserver volume snapdir-access
------- ------ --------------
SVM     rw     true

# snapdir-access を false に変更
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume modify -vserver SVM -volume rw -snapdir-access false
Volume modify successful on volume rw of Vserver SVM.

# snapdir-access が false になったことを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> volume show -volume rw -fields snapdir-access
vserver volume snapdir-access
------- ------ --------------
SVM     rw     false

# CIFSファイル共有のプロパティは変更されていないことを確認
FsxId057bb6afad5d6a27f::> cifs share properties show -share-name cifs-share
Vserver           Share                      Properties
----------------  -------------------------  -----------------------------
SVM               cifs-share                 oplocks
                                             browsable
                                             showsnapshot
                                             changenotify
                                             show-previous-versions

PowerShellでスナップショットディレクトリにアクセスしようとしたところ、そんなパスはないと怒られてしまいました。

> ls Z:\~snapshot
ls : Cannot find path 'Z:\~snapshot' because it does not exist.
At line:1 char:1
+ ls Z:\~snapshot
+ ~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : ObjectNotFound: (Z:\~snapshot:String) [Get-ChildItem], ItemNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : PathNotFound,Microsoft.PowerShell.Commands.GetChildItemCommand

> ls Z:\.snapshot
ls : Cannot find path 'Z:\.snapshot' because it does not exist.
At line:1 char:1
+ ls Z:\.snapshot
+ ~~~~~~~~~~~~~~~
    + CategoryInfo          : ObjectNotFound: (Z:\.snapshot:String) [Get-ChildItem], ItemNotFoundException
    + FullyQualifiedErrorId : PathNotFound,Microsoft.PowerShell.Commands.GetChildItemCommand

エクスプローラーからアクセスした際も同様のエラーで怒られます。

snapdir-accessをfalseにしたら拒否される

また、Zドライブ上で以前のバージョンを確認しようとしましたが、こちらも確認できなくなっていました。

以前のバージョンからも確認できなくなっていることを確認

AWSから操作できることが増えるのは素直に嬉しいね

AWSのAPIでAmazon FSx for NetApp ONTAPのボリュームのタイプとスナップショットポリシーを指定できるようになったアップデートを紹介しました。

AWSから操作できることが増えるのは素直に嬉しいですね。次はエクスポートポリシーが指定できると嬉しいなと思います。

この記事が誰かの助けになれば幸いです。

以上、AWS事業本部 コンサルティング部の のんピ(@non____97)でした!