マス型エンターテイメントSNSを一発構築 〜 OpenPNE編|アドカレ2013 : CFn #12

2013.12.12

こんにちは。しんやです。

このエントリは『アドベントカレンダー2013:AWS CloudFormationビッグバンテンプレート』12日目の内容となります。今回は『OpenPNE』を一発構築してみたいと思います。

先日11日目は望月さんのSerfでCDP実装 ~ HA-NAT編でした。

OpenPNEとは

OpenPNEとは、オープンソースのSNSプログラム(群)になります。PHPで出来ており、『mixi』に似たインターフェースを持ったもの、と言うとイメージが付きやすいでしょうか。

公開テンプレート(EC2 with RDS)

キー情報に関しては以下エントリをご参照の上、用意してください。

用意出来たら以下のリンクをクリック!こちらの構成はEC2とRDSを1つのスタックで作成し、EC2上にOpenPNEを構築します。

OpenPNE on EC2 with RDSを起動

スタックパラメータ

パラメータ名 説明
OpenPNEEC2ServerInstanceType 起動するEC2サーバのインスタンスタイプ
EC2RootVolumeSize 起動するEC2サーバのボリュームサイズ
RDSDbName OpenPNEが利用するデータベースのDB名
RDSMySQLInstanceType OpenPNEが利用するデータベースのインスタンスタイプ
RDSDBPortNo OpenPNEが利用するデータベースのポート番号
AllocatedStorage OpenPNEが利用するデータベースのストレージサイズ
RDSDbMasterUserName OpenPNEが利用するデータベースユーザー名
RDSDbMasterPassword OpenPNEが利用するデータベースのパスワード
KeyName キーペアファイル名

CloudFormation実行結果がCREATE_COMPLETEになると、OutputにURLが表示されますのでそれをクリック。

cfn-advent-calendar-12th_01

OpenPNEへのログイン画面が表示されば成功です。初期設定で定められている、メールアドレス:sns@example.com、パスワード:passwordを入力し、[ログイン]を押下。

cfn-advent-calendar-12th_02

ログイン出来ました。こんにちはOpenPNE君!ヽ(°∀°)ノ

cfn-advent-calendar-12th_03

公開テンプレート(既存RDS指定)

こちらのテンプレートは、RDSが既に環境化にある場合のテンプレートになります。EC2上にインストールしたOpenPNEが、既存導入済みのRDSを参照先とする事になります。

OpenPNE(既存RDS指定)を起動

スタックパラメータ

with RDS編に加えて、以下のパラメータが必要となります。

パラメータ名 説明
RDSEndPoint 接続するRDSインスタンスのエンドポイントURL
PublicSubnet 接続するRDSインスタンスのサブネットID

スタックが完成したら、先程同様Output欄のURLにアクセスします。そしてようこそOpenPNE君!ヽ(°∀°)人(°∀°)ノ

openpne3

まとめ

というわけで、OpenPNE編をお送りしました!

明日13日目は大瀧さんです。乞うご期待!!