【新機能】AWS CloudTrailでイベント履歴の表示期間が90日になりました

はじめに

本日ご紹介する新機能はこちら。

AWS CloudTrailで以下の2つのアップデートがありました。

  • AWS CloudTrailのイベント履歴の表示期間が、7日間から90日間に拡大しました。
  • AWS管理コンソールのイベント履歴ページで、表示される列をカスタマイズできるようになりました

やってみた

AWS管理コンソールでAWS CloudTrailを開きます。ダッシュボード画面で、表示が「過去90日間」に変更されていることが分かります。これがアップデートの1つめです。

[イベント履歴]画面を開きます。やはりこちらも表示が「過去90日間」に変更されています。[設定]ボタンをクリックします。

[列の表示/非表示]画面が表示されます。これがアップデートの2つめです。試しに「AWSリージョン」をチェックしてみます。

チェックしました。[保存]ボタンをクリックします。

以下のようにAWSリージョン列が追加されました。

さいごに

表示期間が7日間から90日間に拡大されたことで、AWS管理コンソール以外の可視化手段を使わなくても長期間のイベント履歴の表示ができるようになりました。これは大きなアップデートなのではないでしょうか。