AWS Management Console の表示言語切替

2014.08.15

はじめに

AWSチームのすずきです。

7月のAWSサミットの基調講演で紹介されていた日本語化されたAWSのマネジメントコンソール。 本日、Amazon S3の管理画面が日本語化されました。

(8/15 14時追記)日本語版の提供、一旦中止された模様です。

awsweb-lang-english-01

日本語化により敷居が下がる事については大いに歓迎なのですが、 既存の手順書を利用する場合など、英語版のコンソールが必要となるケースもあるかと思います。

今回、言語切替に便利なChromeの拡張機能を紹介します。

Spoofs Lang とは

progra-man さんが公開されている、Chromeの拡張です。

http://progra-man.blogspot.jp/2013/12/chrome-spoofs-lang.html

HTTPのRequest HeadersのAccept-Language、サイト単位に任意の値をセットする事が可能です。

変更前(ja)

awsweb-lang-english-10

変更後(en)

awsweb-lang-english-11

インストール

インストールは、Chromeのウェブストアより行います。

拡張機能Spoofs Lang

awsweb-lang-english-02

設定

設定は、Chromeの設定、拡張機能の画面で行います。

awsweb-lang-english-03

awsweb-lang-english-04

設定値

AWSのManagement Consoleの表示を英文表示とする場合

  • 左上:「en」
  • 左下:「https://console.aws.amazon.com/*」

awsweb-lang-english-05

AWSコンソール表示

リロードを行うと英語版で表示されます。

awsweb-lang-english-09

追記

公式の言語切替対応、お待ちしております。m(_ _)m

追記2

8/15 14時(JST)現在、S3の日本語版コンソールの提供は一旦中止された模様です。