【AWS DevDay Tokyo 2019 セッションレポート】ゼネラルセッション1 AWSJ 岡嵜さん #awsdevday

2019.10.03

AWS DevDay Tokyo 2019 のゼネラルセッションをレポートします。 4部構成になっていたので分けてレポートします!こちらは第1部です。

スピーカー

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
技術統括本部長 執行役員

岡嵜 禎さん

セッション内容

Builder

  • 新しいものを作り出していく、新しい道を切り開いていく人たち

  • RE:MARS

    • ML
    • Automation
    • Robotics
    • Space
  • 事例
    • Amazon Go
    • マイクロサービスアーキテクチャーを採用
    • Amazon Prime Air 新・自律型ドローン
    • 5万通りのモデルのデザインが試された
    • 100万回以上のコンピューター上のシミュレーション
    • 地球低軌道の衛星による高速なブロードバンド接続プロジェクト
  • Builderを支えるセルフサービス環境
    • イノベーションに巨額な投資は不要
      誰もがBuilderになれる
    • イノベーション実現
    • 自由を得ることができる
    • PDCAサイクルを迅速に回す
  • AWS=あらゆるワークロードをサポートするプラットフォーム
    • 機械学習
    • IoT
    • robot
    • エッジコンピューティング
    • など
  • 機械学習には大きな可能性がある
    • あらゆる業界に適用可能
    • 画像認識
    • レコメンデーション
    • 需要予測
    • ロボット
    • 自然言語処理
  • 機械学習サービス
    • AIサービス
    • MLサービス
    • フレームワーク&インフラストラクチャ
    • 全ての開発者に機械学習を
  • モダンアプリケーション
    • 市場投入加速
    • イノベーション向上
    • 信頼性向上
    • コスト削減
    • 重要なポイント
      • オペレーションの負荷を下げる
      • マイクロサービスアーキテクチャ・イベントドリブン
      • Developer Firstな開発フロー
      • 自動化された継続的なセキュリティ評価
      • データ 正しいツールを利用 目的に適したDBの利用
  • 幅広いアプリ実行環境
    • EC2
    • コンテナ
      • Fargate
      • EKS
      • ECS
    • Lambda
  • アプリ開発を支援するサービス
    • Compute 前述
    • DB RDSやAurora・Aurora Serverless / DynamoDB
    • など

Are you Well-Architected?

  • Well-Architected Framework
    • システム設計運用の大局的な考え方とベストプラクティス集
  • パーツ
    • ホワイトペーパー 
      • ベストプラクティス集
    • Well-Architected Tool
      • SAなしで自律的にWAチェックを実施するためのツール
      • 無料
    • ホワイトペーパーもToolも日本語版提供開始

on Builders and Dreamers

アマゾンがやりたいことはDreamerとBuilderの距離を近づけること

Developerがやっていることが新しいプラットフォームになり新しい未来に繋がる

感想

目新しいことはありませんでしたが、最新分野へのAWSへの取り組みがうまくまとめられていると思いました。 これからもAWSは新しい領域に取り組んで、エンジニア=Builderをサポートしてくれるプラットフォームであり続けてくれる期待を持てました!