[アップデート] AWS Elemental MediaStoreでオブジェクトサイズの上限が25MBになっていました!

扱うことのできるオブジェクトサイズの上限が25MBに拡大されるというAWS Elemental MediaSotreのアップデートについて、実際に25MBのファイルをアップロードして確認してみました。
2018.12.31

はじめに

清水です。AWS Media Servicesの細かなアップデートを追っていくコーナーです。本エントリで紹介するのはこちら、AWS Elemental MediaStoreでオブジェクトサイズの上限が25MBに拡大されました。(2018/10/16にアップデートされた内容となります。)

メディア向けに最適化されたストレージサービスであり、Amazon S3よりも整合性の強いストレージでもあるAWS Elemental MediaStore、その特性からかは定かではありませんが、リリース後からこれまでアップロード可能なファイル容量は10MBという上限がありました。今回その上限が25MBまで拡大されたこととなります。

25MBのファイルをAWS Elemental MediaStoreにアップロードしてみた

では実際にAWS Elemental MediaStoreに25MBのファイルをアップロードしてみます。25MBのファイルは下記コマンドで作成しました。(25MB=25*1,024*1,024=26,214,400Bと計算しています。)

$ dd if=/dev/zero of=25MB_File bs=26214400 count=1
1+0 records in
1+0 records out
26214400 bytes transferred in 0.022629 secs (1158441549 bytes/sec)

検証用に25MBプラス1Bのファイルも作成しておきます。

$ dd if=/dev/zero of=Over_25MB_File bs=26214401 count=1
1+0 records in
1+0 records out
26214401 bytes transferred in 0.022810 secs (1149251264 bytes/sec)

ファイル容量はそれぞれ下記の通り、OSから認識されています。

$ ls -l
total 102408
-rw-r--r--  1 shimizu.toshiya  staff  26214400 12 31 16:20 25MB_File
-rw-r--r--  1 shimizu.toshiya  staff  26214401 12 31 16:20 Over_25MB_File

$ ls -lh
total 102408
-rw-r--r--  1 shimizu.toshiya  staff    25M 12 31 16:20 25MB_File
-rw-r--r--  1 shimizu.toshiya  staff    25M 12 31 16:20 Over_25MB_File

それではぴったり25MBのファイルからアップロードしてみます。マネージメントコンソールからアップロードしてみると、以下のように問題なくアップロードできました!

続いて25MBプラス1Bのファイル「Over_25MB_File」のアップロードを試みますが、これは上限に引っかかり、アップロードできないことが確認できました。

AWS CLIでアップロードしようとしても、当然ながら以下のようにエラーが発生します。

$ aws mediastore-data put-object --endpoint https://XXXXXXXXXXXXXX.data.mediastore.ap-northeast-1.amazonaws.com --body Over_25MB_File --path /Over_25MB_File

('Connection aborted.', BrokenPipeError(32, 'Broken pipe'))

まとめ

扱うことのできるオブジェクトサイズの上限が25MBに拡大されるというAWS Elemental MediaSotreのアップデートについて、実際に25MBのファイルをアップロードして確認してみました。AWS Elemental MediaStoreは主にライブ配信時のストレージとして使用されることが多いと思いますが、これまでのオブジェクトサイズの上限である10MBの場合、4K UHDなど高ビットレートの場合やセグメント長が長い場合は、セグメントファイルをMediaStoreに保存ができないこともあったかと思います。今回のアップデートでより高ビットレートなどの容量の大きいセグメントファイルも保存できるようになり、活用の幅が広がったかと思います。引き続きAWS Elemental MediaStoreをはじめとしたAWS Media Servicesの機能アップデートに注目していきたいと思います!