[速報]IoTセンサーとアプリケーションからのイベントを簡単に検出して応答できるサービス「AWS IoT Events」が発表されました! #reinvent

2018.11.27

ども!大阪オフィスの西村祐二です。

今日(2018/11/26)のre:Inventのイベント会場では特にアナウンスはなかったですが、ぞくぞくとIoT系のアップデート、新サービスの情報が流れきました。

そして、「AWS IoT Events」という新サービスが発表されてました!

ただ、GAではなくリミテッドプレビューとなっています。

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2018/11/introducing-aws-iot-events-now-available-in-preview/

どんなサービス?

サービスサイトはこちらです

AWS IoT Eventsは、完全に管理されたIoTサービスであり、IoTセンサーやアプリケーションからのイベントの検出とそれに対して応答することができるサービスとなっています。

イベントってどんなイベント?

イベントとは、ベルトがつまったときの機器の変化や、動き信号を使ってライトやセキュリティカメラを作動させた動き検出器など、予想以上に複雑な状況を識別するデータのパターンです。

このサービスを使うことで、どんなメリットがある?

今までは、イベントを検出するには、データを収集し、決定ロジックを適用してイベントを検出し、別のアプリケーションをトリガしてイベントに応答させる高価なカスタムアプリケーションを構築する必要がありました。

AWS IoT Eventsを使用すると、冷凍機の温度、呼吸器の湿度、モーターのベルト速度、数百の機器管理アプリケーションなど、さまざまな遠隔測定データを送信する数千のIoTセンサー間のイベントを簡単に検出できます。

単純なif-then-elseステートメントを使用して、各イベントのロジックを定義し、イベントが発生したときにトリガーするアラートまたはカスタムアクションを選択するだけで、取り込む関連するデータソースを選択するだけです。

AWS IoT Eventsは、複数のIoTセンサーやアプリケーションからのデータを継続的に監視し、AWS IoT CoreやAWS IoT Analyticsなどの他のサービスと統合し、イベントの早期発見と独自の洞察を可能にします。

AWS IoT Eventsは、定義したロジックに基づいて、イベントに応じてアラートとアクションを自動的にトリガーします。これにより、問題の迅速な解決、保守コストの削減、運用効率の向上に役立ちます。

AWS IoT Eventsは、複数のIoTセンサーやアプリケーションからのデータを継続的に監視し、AWS IoT CoreやAWS IoT Analyticsなどの他のサービスと統合し、イベントの早期発見と独自の洞察を可能にします。

動作のフロー

概要図のような画像がサービスサイトに掲載されていたので、こちらにも引用しておきます。

どのような流れを想定したサービスなのかイメージできるかと思います。

https://aws.amazon.com/jp/iot-events/

プレビューに申し込もう!

下記リンクより、プレビューに申し込むことができます。サービスを触りたくてしょうがない方は申し込みを忘れずに!

https://pages.awscloud.com/iot-events-preview.html