[アップデート]無料のAWS ShieldでDDoSイベントのサマリがアカウントとグローバルで見れるようになりました!

無料のAWS ShieldでDDoSのサマリを確認できるようになりました!是非まずは画面を見てみましょう!
2020.10.27

こんにちは、臼田です。

みなさん、セキュ活してますか?(ナニソレ

今回は驚きのアップデートです。無料のAWS ShieldでもDDoSイベントのサマリが確認できるようになりました!

AWS Shield now provides global and per-account event summaries to all AWS customers

こちらを見ていきましょう

まずはこいつを見てくれ

すごく…いいかんじです

これはAWS Shieldの画面にアクセスすると現状見れる画面です。

AWS Shieldには2つプランが有り、デフォルトの状態であるAWS Shield Standardと、月額$3,000の有償オプションであるAWS Shield Advancedなのですが、今まではこのダッシュボードはAdvancedでしか見れなかったのが無料で見れるようになりました!

でも嬉しいのはこれだけではないのです。

ダッシュボードの上記画面の下に以下の表記があります。

これはこのアカウント個別のL3L4レイヤーのDDoS検知状況のサマリです。(私のアカウントは残念ながら(?)なにも検知していないです)

ここも今回のアップデートで無料で提供されるようになりました!(検知してないのでここであっているかわからないですが、たぶんここ)

おっきいダッシュボードもあるよ

グローバルダッシュボードの画面では、もう少し時系列に沿ったグラフや、タイムレンジを2週間〜1日の間で調節できるようになっています。

まとめ

AWS Shieldが無料で確認できる機能を提供してくれるのは初めてです。

これまで自動的にL3L4レベルのDDoS保護が効いていましたが、それが実際に見れるようになるのは、攻撃の予兆などを確認することができていいアップデートですね!

ぜひ一度見てみてはいかがでしょうか?