[レポート]SIOS Coatiをサーバーレスアーキテクチャーで全部書き直してみた! #AWSSummit

Amazon EC2 向けの運用支援 SaaS である「 SIOS Coati 」は、従来型のモノリシックなつくりのファーストリリースから AWS サーバーレスを駆使して生まれ変わります。アーキテクチャを刷新した背景、実際にどのようにデザインや実装をしているのか、コストとスケーラビリティは、 そしてこれからの挑戦をサイオステクノロジーがご紹介いたします。 Lambda, StepFunctions, DynamoDB, CodeBuild, S3, Cognito, API Gateway にご興味のある方向け。
2018.06.02

こんにちは、坂巻です。

2018年5月30日(水)〜2018年6月1日(金)の3日間にわたり、 品川にて開催されましたAWS Summit Tokyo 2018

こちらで講演されたセッション「SIOS Coatiをサーバーレスアーキテクチャーで全部書き直してみた!」を聴講しましたのでレポートします。

概要

Amazon EC2 向けの運用支援 SaaS である「 SIOS Coati 」は、従来型のモノリシックなつくりのファーストリリースから AWS サーバーレスを駆使して生まれ変わります。アーキテクチャを刷新した背景、実際にどのようにデザインや実装をしているのか、コストとスケーラビリティは、 そしてこれからの挑戦をサイオステクノロジーがご紹介いたします。 Lambda, StepFunctions, DynamoDB, CodeBuild, S3, Cognito, API Gateway にご興味のある方向け。

スピーカー

  • 栗原 傑享
    • SIOS Technolgy Corp. Business Development Director, Member of Board

※敬称略

レポート

  • Coatiとは何か/Coatiがすること
    • システム障害自動復旧サービス(SaaS)
    • EC2上のアプリケーションの復旧を行うクラウドサービス
    • SIOSのVPCからユーザーのVPCにあるEC2インスタンスを監視
    • 障害が起こったインスタンスのログデータのレポート配信
    • エージェントレスでオートスケールに対応
  • 既存の課題と新Coati開発ゴール
    • シングルテナント
      • マルチテナント、サーバレスへ
    • SSH鍵を預かる
      • 顧客が納得する合理的な方法へ
    • 契約や請求がシステム外
      • SaaSビジネスのソフトウェア化へ
  • AWS上でのSaaS実現テクニック
    • AssumeRoleで権限を管理
    • Amazon Cognitoで周辺サービスとフェデレーション
    • Amazon API Gatewayでスピード感あるAPI開発
  • Coatiエンジン
    • Lambdaのかたまり
    • AWS Step Functionsで発火しないLambdaの例外をキャッチ
    • ストレージはDynamoDB
    • 各リソースは疎結合でイベントでつなげている
  • デジタルマーケティング&セールス
    • 他の商用サービスを多く利用して再開発しないようにした
      • 決済はstripe
      • サポートはzendesk
      • マーケティングはMarketo
  • SSG(Static Site generator)とSPA(Single Page Application)
    • コンテンツもサーバレスでHUGOを利用
    • SPAはJavaScriptをSSGされたページに埋め込んだ
    • AWS AmplifyでAmazon Cognitoと接続、SPA中でセッションを使ったデータ連携
  • 採用した技術
    • TypeScript
    • Vue.js
    • webpack等
  • サーバレスとは何か
  • 創造を連続量産する手法
    • リソースを活用
    • アイディアの実験
    • 成果を整理
  • SIの終焉、そしてCIも/これからのエンタープライズITの登場人物
    • 事業会社の中でコア開発に集中する人たち(主演)
    • 世界中のインフラを一手に提供するIT巨人企業
    • 隙間にマイクロサービスの提供会社多数

さいごに

Coatiのアーキテクチャを知れる技術的なセッションでした。
スピード感のある開発のために、他サービスのキャッチアップも重要だ感じました。